ADHDの症状!大人の診断チェックリストと改善や治療法について!

大人のADHDは、

多動ではなく、

感情的な衝動性や

注意力・集中力の欠如が

問題となることが多いと言えます。

スポンサーリンク

 

大人のADHDについて

 

言動に安定性が無い、

感情が先行しがちになる、

理論が飛躍しやすい、

シャツがズボンからはみ出したり

ファスナーを閉め忘れるということが

日常的に起こる、

約束を忘れやすいというような

症状が目立つことで

日常生活に支障をきたしている時、

精神科を受診する必要があります。

 

Doctors are encouraging patients

受診に際しては、

現在困っていることや

ADHDを疑うような

過去のエピソードをまとめておくと良いでしょう。

 

親にも協力してもらい、

過去のエピソードを

記してもらうとベストです。

 

通知表や日記なども

持参するのが好ましいと言えます。

初診時に診断チェックリストが渡されます。

 

物事を行うに当たって

詰めが甘くて仕上げに苦労した頻度、

作業を順序立てて行うのが

困難だったことの頻度、

しなければならないことや約束を忘れる頻度、

じっくり考えて行う必要があることを

先延ばしする頻度、

何かに駆り立てられるかのように

何かをせずにはいられなくなる頻度、

長時間座っていなければならない時に

もぞもぞする頻度などが問われます。

 

その後、

MRIや知能検査が行われます。

診断はその後の

全ての基礎となる最も重要な部分です。

 

子供の頃の事や現在の問題について

十分に医師に伝えましょう。

 

スポンサーリンク

 

大人のADHDの治療方法

 

診断が下されると治療開始。

ADHD治療の目標は、

不注意、

多動性、

衝動性をなくすことだけではありません。

 

家庭や学校、

職場での悪循環が

好転して自信を取り戻し、

障害と折り合えること、

それによって充実した

社会生活を送れるようにすることも

治療の大きな目標です。

 

そこで、

治療は環境調整などの

心理社会的治療から始め、

周囲との状況から判断して

必要な場合に薬による治療も

組み合わせることになります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ