ADHDの子供や赤ちゃんの原因を診断チェック!対応や特徴について!

「学級崩壊」の問題が
真剣に論じられるようになり、
授業中に落ち着いて席に座っていられない
子供の増加がクローズアップされてきました。

そうした番組で取り上げられるようになったADHD。

ADHDは、
不注意さ、多動性、
衝動性という3つの症状に特徴を持つ
発達障害です。

スポンサーリンク

ADHDの原因

衝動性とは、
善悪に関わらず、
思いついたら直ぐに行動してしまうというものです。

 

子供

順番を待てない、
他人の遊びを邪魔する、
自分のタイミングで話し出すといった特徴があります。

この「衝動性」は、
授業中の私語の多さや自分勝手な行動につながるので、
学校では目立ってしまいます。

ADHDの原因については、
これまでは子供を取りまく
社会的要因や子供の生活習慣要因に
問題があると考えられてきました。

つまり、
家庭環境や食生活、
睡眠リズムなどに起因すると思われていました。

しかし、
現在では、
多くの研究者がADHDは
遺伝や脳神経系の機能不全といった
遺伝要因によると考えています。

ADHDという
障害の発生メカニズムに絞って考えたとき、
生まれつきの素因が大きいという考え方が
今日では主流です。

スポンサーリンク

ADHDと睡眠の関係性

同じADHDの
特徴を持って生まれてきたとしても、
家庭や教育の影響によって
子供の社会適応の程度は変わってきます。

たとえば、
ADHDの子供の多くは眠るのが下手です。

布団に入っても
いつまでもゴソゴソと動き回るので、
触覚刺激が脳を刺激して脳は眠りのステージに入れません。

半覚醒状態が続きます。

登校を促して母親が起こしても寝起きが悪く、
極端な不機嫌を示す子供も少なくありません。

そうした症状を示す子供に、
しばしば就寝時間が遅いという問題が見られます。

生活リズムの安定は
ADHDの根治法ではありませんが、
子供の抱える問題を軽くするには
十分配慮すべきことです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ