ADHDの子供の特徴!2歳・3歳児について

ADHDは、

就学前の子供に見られる

発達障害の中では最も一般的なものです。

アメリカでは

実に11人に1人が

ADHDだと言われています。

スポンサーリンク

 

入園前のADHDについて

 

幼稚園に入る前後には、

親も集団生活に

我が子が適応して欲しいと願うので、

多動性が顕著ですと

「ADHDでは?」と

最近では心配することも多いようです。

 

A frustrated and angry young boy

 

心配しながらも

「ADHD」という診断が下されるのも怖いと

ジレンマを抱える

ケースも少なくないようです。

 

一般的に2歳児で

ADHDという診断が

下されることはありません。

2歳児は活動的で

じっとしていられないのが普通です。

 

ADHDは、

多動性や衝動性、

不注意さが年齢や発達に

不釣り合いなほどに

際立っているかどうかで診断が下されます。

 

ですから、

2歳児でADHDという診断を

下すことはまずありません。

 

スポンサーリンク

 

ADHDが判明した場合は?

 

後日ADHDという診断が下された子供は、

3歳児の頃に

1~2分間の注意力の持続を要求される活動への

参加を拒否するという傾向が顕著です。

 

何事にも2~3分で飽きてしまう、

じっと座っていることができずに

座るや否や立ち上がって

動き回るという特徴も認められます。

 

見知らぬ人に警戒心を示さず、

すぐに友達になることも少なくありません。

 

親としては社交的な

性格だと思いたいところですが、

集中力が過度に低かったり、

多動性が顕著だったりした場合には、

見知らぬ人とすぐに友達になることも

ADHDの症状の1つだと

認識してください。

 

また、

ADHDの3歳児は、

時に他の子供たちから

引き離す必要があるほどの

攻撃性を示すこともあります。

 

自分が危険な目にあうような状況でも、

驚くほど平然としていることもあります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ