発達障害やADDとは?ADHDの診断基準値について!

発達障害とは

生まれつき脳に障害が

出てしまうことによって

生じるものです。

 

幼児の頃から症状が出るようになり、

普通に育児をしているだけでは

苦労をすることが多いです。

 

成長する過程で

さまざまな困難を感じてしまい、

辛い経験をすることがあります。

 

スポンサーリンク

 

発達障害とADD

 

発達障害は周りの

サポートの仕方によっては

問題なく生活することができます。

 

大人になると

改善される例もあるため

諦めてはいけないのです。

 

発達障害の一つとして

注目されるようになったのがADDです。

 

これはADHDから

他動性を抜いたものであり、

注意欠陥障害のことです。

 

ちなみにADHDは

注意欠陥多動性障害のことです。

 

楽しく遊ぶ赤ちゃん

 

ADDは一つのことに集中して、

それを持続することが困難なことです。

 

このために仕事をしていたとしても、

細かいミスが生じてしまったり、

定職を持つことができなかったりします。

 

精神的にさまざまな弊害が

出てしまうために生きづらさを

感じてしまうことが多いのです。

 

中には自分が

ADDであることを大人になるまで

気がつかなかったというケースもあります。

 

この場合、

自分の失敗を能力のせいにしてしまい、

障害のあるせいだと

思わないために苦しんでしまいます。

 

スポンサーリンク

 

ADHDの診断について

 

ADHDについては

病院で診断を受けることによって判明します。

 

基本的に普段の行動の中に

ADHDの特徴がたくさんみられる場合には、

障害があると疑われることになります。

 

世界保健機関や

米国精神医学界による

診断基準を参考にしながら診断をします。

 

治療においては

それぞれの患者の状況に合わせて

適切な治療方法を提案します。

 

絶対に治療できる薬は存在していません。

 

基本的には

薬物療法や行動療法を

用いながら少しずつ社会に

適応できるように

サポートすることになります。

 

したがって、

周りの方の理解と

サポートがとても重要です。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ