注意欠如多動性障害(ADHD)の 大人の特徴について!

注意欠如多動性障害は

子供だけではなく大人が

悩まされているケースもあります。

 

子供の中には脳の発達障害により

注意欠如多動性障害となってしまう

ケースがあるのですが、

その症状が大人になっても続いてしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

大人の注意欠如多動性障害

 

成人期になっても

注意欠如多動性障害が続いている人は

約2.5%いるとされています。

 

大人の場合、

子供の頃によく見られた多動性や

衝動性は目立たなくなるのですが、

よく観察すると大人になっても

続いているケースがあるのです。

 

苦悩するビジネスマン

 

たとえば、

仕事でうっかり

ミスをしてしまうことが多かったり、

複数の指示を受けると

忘れてしまうことがあります。

 

複数の仕事を同時に

処理していくことが苦手であり、

作業の効率が悪いです。

 

じっと座って何かをやり続けることが困難であり、

常に活動していないと

不快な気持ちになります。

気分が高揚してしまうと、

落ち着いた行動を取ることができなくなります。

 

空気を読むことができなかったり、

言葉を間違えて覚えてしまったり、

整理をしたにも関わらずすぐに

ぐちゃぐちゃにしてしまうこともあるのです。

 

大人の場合は不注意と

衝動性の症状が主なものとなり、

多動性はきちんと

改善されているケースが多いです。

 

スポンサーリンク

 

本人の性格ではなく脳の機能

 

これは本人の性格によるものではなく、

脳の機能的な問題のため、

意識的に改善することは難しいです。

 

親がきちんとしつけをしていなかったことが

原因となっているわけでもありません。

 

原因は解明されていないのですが、

神経細胞における情報伝達が

上手く機能していないことが

指摘されています。

 

治療方法としては

薬物療法

心理社会的治療があります。

 

薬物療法に関しては

効果は大きいのですが、

部分的にしか効き目のないことが多いです。

 

基本的には行動療法をメインとして、

根気よく治療を続けます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ