反抗挑戦性障害の原因や症状!治療法や対応は?ADHDとの関係性は!

自分にとって有益なことであっても

激しく反対したり、

周囲に対して異常なまでに

挑戦的で反抗的な態度をとったりする状態が

6ヶ月以上続き、

家庭や学校での生活に

著しい障害を引き起こしている場合、

「反抗挑戦性障害」と診断されます。

 

異常なまでの挑戦的かつ反抗的な態度や行動は、

特に9歳前後で認められるとされています。

 

スポンサーリンク

 

反抗挑戦性障害の症状と治療

注意欠陥・多動性障害(ADHD)と

診断された子どもの半数近くが

反抗挑戦性障害を合併していると言われています。

 

反抗挑戦性障害の段階では、

実際に暴力をふるうといった行為には及びませんが、

反抗挑戦性障害の子どもの一部は

実際に暴力をふるったり物を破壊したりする

「行為障害」に移行するとされています。

 

育児に疲れるママ

 

幼児期・学童期におけるADHDから

反抗挑戦性障害を経て、

思春期になると行為障害へと発展。

 

行為障害を起こした者の一部は、

成人に至って反社会的人格障害に行き着き、

法律を平気で破ったりする場合もあると言われています。

 

行為障害に進展すると治療は難しいとされています。

 

ADHDをもつ子どもが反抗挑戦性障害を合併した場合、

早期に治療を始めることが望まれます。

 

反抗挑戦性障害は3つのタイプに分けられます。

 

過興奮型、すね型、マイペース型の3種類です。

 

スポンサーリンク

 

タイプ別・反抗挑戦性障害

過興奮型の子どもの特徴は、

勝ち負けの気持ちがたえず働き、

勝ちにこだわって興奮しやすいということです。

 

指示に従うことは自分の負けと感じ、

「~しなさい」という指示に素直に従えません。

 

指示を無視します。

 

「あとで」「ちょっと待って」といった返事をするものの、

結局は指示されたことをしようとしません。

 

大人が指示を繰り返すと、

激しく興奮して乱暴な言葉で言い返したりします。

 

自分の非を認めることは負けと感じ、

「ごめんなさい」が言えません。

 

すね型の子どもはちょっとした拍子に

いじけてしまう傾向が強いと言われています。

 

「自分にはできっこない」と拗ねてしまいます。

 

一旦拗ねてしまうと、

その後の活動には参加できなくなります。

 

マイペース型は、

多動ではあるものの、

好きなものには集中するといった子どもに見られます。

 

マイペース型の子どもは他の子との共同作業が苦手です。

集団で遊ぶことも苦手です。

 

集団に誘うと、

幼児期にはパニックを起こすこともあります。

 

他の子どもと興味やペースが合わないことは、

小学校の半ばあたりではっきりしてくるとされます。

 

反抗挑戦性障害と診断された場合、

早期に治療を開始することが望まれます。

 

治療では、

まず親子関係の修復が図られます。

ペアレントトレーニングと呼ばれることもあります。

 

反抗挑戦性障害の背後に

ADHDがあると認められる場合には

ADHDに対する薬物治療も行われます。

 

反抗挑戦性障害の子どもを育てる親の会といった

社会資源を活用することも大切です。

 

反抗挑戦性障害の治療には、

医療だけでなく、

福祉や教育など、

多系統にわたるネットワークが必要になります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ