ADDの大人の女性の特徴をチェック!症状や対応について!

ADDは子供だけではなく

大人でも症状の出ている人がいます。

 

ただし、

女性や大人の場合には

他動性が目立たないことが

多いため気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

 

ADDの症状や特徴は?

 

ADDの症状の主な特徴として

不注意や多動、

衝動性、

社会性の障害が存在しています。

 

多動性というのは

じっとしていることができなかったり、

疲れてしまうまで

ずっと活動を続けることです。

 

これは大人になると

自然に解消されていることが多いです。

 

 

あごを乗せる人

 

小学校や中学校、

高校に至るまでずっと

椅子に座って授業を受ける

生活を送ることになるため、

自然と治療されるのです。

 

しかし、

それ以外の症状に関しては

大人になっても

残ってしまう可能性があります。

 

ADDの方は

転職の回数が多くなったり、

交通事故を

起こしやすいといった不安があります。

 

したがって、

できるだけ早く

治療を始めることが必要です。

 

スポンサーリンク

 

大人のADDは空気が読めない

 

大人の方のADDの具体的な症状として、

人の話をきちんと聞くことができずに、

自分の言いたいことを一方的に話す人がいます。

 

これは注意散漫なために

相手の話を聞くことができず、

相手の話に集中することができないのです。

 

このような症状があると、

仕事でも家庭でも

人間関係でトラブルを

引き起こしてしまうかもしれません。

 

また、突然の思いつきで行動してしまう方がいます。

 

たとえ会議の途中だったとしても、

突然行動をしたり、

発言をするのです。

 

TPOをわきまえることが

できないために空気を乱してしまいます。

 

大人のADDの対応としては

すぐにカウンセリングを受けるべきでしょう。

 

医師に診断してもらい、

本当にADDになっているのであれば、

具体的な治療を始めるべきです。

 

中にはADDでないにも関わらず、

自分は発達障害であると

思い込んでいるケースもあります。

 

本人が勝手な診断をして

自分は発達障害だからと

言い訳に使っていることも

あるため気をつけましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ