ADDの大人が通う病院について!治療は薬で対応か?

ADDは大人になっても

治療されずに

発症したままになっている

ケースがあります。

 

子供の頃はその人の個性として周りが

容認していたために、

発見が遅れてしまい、

それが結果的に大人になっても

続いてしまい

本人を苦しめてしまうことがあるのです。

 

スポンサーリンク

 

大人のADDは生活が困難?

 

大人がADDになっていると、

社会生活や家庭生活を送る上で

とても大きな困難があります。

 

思うようにいかずに苦しんでしまい、

気分が落ち込んでしまったり、

自分の能力に疑問を抱いてしまうのです。

 

もし自分がADDの

可能性があると感じたのであれば、

すぐに病院へ行って

診断を受けるべきでしょう。

 

 

福祉施設の廊下

 

大人がADDの診断を受けるならば、

精神神経科に行くことをおすすめします。

 

あるいは、

大人の患者も受け付けているならば、

小児科でも問題ありません。

 

小児神経科や小児精神科であれば、

ADDもみてくれます。

 

ADDは心の病気ではないのですが、

心に大きな影響を与えてしまうため

きちんとケアすることが大切です。

 

初めて受診する時には

自分の日常の行動や様子に

ついてメモを残しておいたり、

書面を持参しましょう。

 

また、

自分の子供の頃の様子についても

家族に聞いておいて、

それを伝えられるようにしましょう。

 

小学校の通知表のような

資料があればとても役に立ちます。

 

スポンサーリンク

 

ADDの治療法

 

ADDの治療法は色々とあるのですが、

薬が処方されることがあります。

 

中枢神経刺激薬と非中枢神経刺激薬の二種類があります。

 

これらの薬には副作用があるため慎重に利用しましょう。

医師の説明をきちんと受けることも大切です。

 

薬物治療によって

症状が改善されることが

多いのですが個人差があります。

 

また、

薬物療法だけではなくて

その他の治療法も試していくのが普通です。

 

きちんと医師の指示通りに薬を飲んで、

万が一副作用が出たら

すぐに病院へ行きましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ