ADDの子供や幼児の特徴!診断テストは病院でしてくれるのか?

ADDとは

注意欠陥障害のことであり、

さまざまな症状が報告されています。

 

特に子供が幼児の時に

顕著に症状が出るとされているため、

注意して子供を観察しましょう。

 

脳に何らかの

障害が生じているために

ADDになってしまいます。

 

早めに子供のADDを

発見することによって、

色々な対処ができます。

 

スポンサーリンク

 

ADD(注意欠陥障害)の特徴

 

症状の例として、

たとえば朝の支度に

とても時間がかかってしまいます。

ただ着替えるだけにも関わらず

とても時間がかかってしまうのは

脳に異常が生じているケースがあるのです。

 

まともに食事をすることができず、

じっと座っているのが

苦手なケースもあります。

 

複数の指示を与えられると

混乱してしまう症状もあります。

 

 

親子

 

これはワーキングメモリの問題であり、

たとえば、

隣の部屋に行って物を取ってきてと頼んでも、

隣の部屋に行った時には

何を持ってくればいいのか忘れてしまうのです。

 

他人の邪魔ばかりをするような子供は

衝動性の症状が出ています。

 

約束をしたとしても、

それをやらずに放置してあったり、

本人が忘れたと

主張しているケースもあります。

 

どんなことをするにしても

とにかく時間がかかってしまい、

手間取ることがあります。

 

スポンサーリンク

 

自分たちで決めずに医師に診断してもらう事

 

診断に関しては

親が勝手な判断をしてはいけません。

 

上記のような症状は

はっきりと判断できるものは少なく、

正常な成長の範囲内であるケースも多いのです。

 

きちんと医師から

診断を受けることによって、

子供がADDであるかどうかが分かります。

 

もし自分の子供の行動に

怪しい部分があるならば、

病院へ連れて行って診断テストをしてもらいましょう。

 

そして、

万が一子供がADDであるとわかったならば、

子供への接し方を変えて、

治療をしましょう。

 

ADDに関する色々な知識について、

書籍を利用して勉強をすることも大切です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ