適応障害の薬を飲まなくても治療は可能?薬の種類について!

適応障害は、

社会生活で誰しも

遭遇するストレスにうまく対応できず、

予想外に大きな精神的ダメージを受けた

結果として通常の生活が

送れなくなった状態です。

 

原因となるストレスがはっきりしていて、

他のメンタル疾患が無い場合に

適応障害と診断されます。

 

スポンサーリンク

 

適応障害の治療法

 

適応障害の治療は

精神療法が中心になります。

 

職場に原因がある場合には

短期間の休職が勧められることも多いようです。

 

疲れる女の子

 

休職が決まった段階で

元気を取り戻したかのように感じる人もいますが、

カウンセリングを

しっかり受けてストレスに対する

自分なりの対処法を探っておかないと、

休職期間終了が

近づくにつれて

適応障害の症状が再び現れ、

休職期間を延長しなくてはならなくなります。

 

まずはカウンセリングをきちんと受けましょう。

 

薬物は期間を限って補助的に用いられます。

 

適応障害になると

睡眠障害が現れやすくなります。

 

いくら寝ても疲れがとれない、

夜中に何度も目が覚める、

なかなか寝付けないなど、

症状はさまざまです。

 

主治医には睡眠状態を正確に伝えましょう。

 

受診後は自己判断で

市販の睡眠薬を飲むのはやめてください。

 

必ず医師の判断を仰いでください。

 

スポンサーリンク

 

抗不安薬とSSRI

 

適応障害では抗不安薬と

SSRIがしばしば処方されます。

 

不安や焦燥感、

喪失感などを和らげ、

心身を落ち着かせるのが目的です。

 

日常生活を

困難にしている症状を軽くしてから、

適応障害の具体的な

原因を解決していくわけです。

 

SSRIは抗うつ薬の1種です。

 

喪失感や絶望感、

涙もろさなどのうつ症状が

強く現れている場合に使われます。

 

飲み始めて症状が改善されても、

勝手にやめないようにしてください。

 

急にやめると

頭痛やめまいなどの

副作用が現れることもあります。

 

抗不安薬は不安や

緊張を和らげる薬ですが、

眠気が出やすいものもあるので、

あえて睡眠薬を出さずに

抗不安薬だけのこともあります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ