適応障害の薬コンスタンを飲まないと回復しない?副作用はあるの?

適応障害の治療では精神療法が中心になります。

 

適応障害の場合は

本人が発症の原因について

明確な自覚を持ちます。

 

適応障害を引き起こした原因への

対処法を体得できるようにするのが、

精神療法の目的です。

 

スポンサーリンク

 

適応障害の治療によく使われる薬コンスタン

心身の不調に気づいて

早期に精神科や

心療内科を受診した場合には

精神療法だけで様子を見ることもあります。

 

しかし、

多くの場合は、

限られた期間薬を

飲みながら精神療法を続けることになります。

 

通常の生活に支障が生じているためです。

 

適応障害を発症する以前の

生活を早く取り戻すために、

強く現れている症状に応じて睡眠薬や抗不安薬、

抗うつ薬などが処方されます。

 

 

適応障害 薬 コンスタン

http://meds.qlifepro.com/detail/611170500/alprazolamより引用

 

適応障害の症状を和らげるために

使用されている

薬の中でも有名なのは

「コンスタン」です。

 

不安な気分や

憂鬱な気分を和らげてくれます。

 

自分では

意識していない

緊張状態も和らげてくれる抗不安薬です。

 

心身をリラックスさせる効果がありますので、

眠気が出ることもあります。

 

また、

ふらついたり、

口が渇いたりすることもあります。

 

胃が弱っている時には口内炎ができることもあります。

 

スポンサーリンク

 

薬を服用するについて

 

薬を服用する際、

アルコールとの併用はしないでください。

薬の効果が強まってしまいます。

 

適応障害の治療で

気分を落ち着かせる薬を処方されると、

自分は精神病ではないと

反発して服用を勝手にやめてしまう人がいます。

 

最初から薬を飲まない方針で

治療がなされる場合もありますが、

薬の力を一時的に借りて症状を

早く落ち着かせた方が良いと

医師が判断した時に薬が使用されます。

 

医師から処方された薬を勝手に飲まないでいたり、

量を減らしたりするのは控えてください。

 

もし、

副作用が出て気になるのなら、

必ず医師に相談しましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ