適応障害とは?症状や対処法について!薬や治療法について解説!

新しい環境では

誰しもストレスに遭遇します。

 

そのストレスが相対的に強く、

予想以上に大きな精神的ダメージを受けたために

通常の日常生活が

送れなくなるのが適応障害です。

 

原因となる

ストレスがはっきりしていて、

他のメンタル疾患が無い場合に

適応障害と診断されます。

 

スポンサーリンク

 

家族が適応障害になったら

 

適応障害は、

うつ病のような

脳内のホルモン分泌異常が

あるわけではなく、

適切な治療を受けると

短期間で回復する場合も

多いとされています。

 

適応障害の治療で大切なのは、

ストレスからの解放を図り、

ストレスに対する免疫をつけることです。

 

 

挫折(サラリーマン)

 

カウンセリングによって

ストレス耐性を

上げる治療が中心となります。

 

薬物は期間を限って

補助的に用いられます。

 

一般的にはSSRI

抗不安薬が使用されます。

 

SSRIは

抗うつ薬の1種で

パニック障害にも

効果が高いとされています。

 

抗不安薬は不安や緊

張を緩和するために

使われます。

 

抗不安薬や

SSRIなどで

効果が見られない場合にのみ、

三環系抗うつ薬などが

用いられます。

 

スポンサーリンク

 

適応障害は

ストレスの原因から離れると

症状が一気に軽くなるので、

周囲の誤解を生みやすい病気です。

 

他人には仮病や

わがままと感じられることも多く、

理解されにくい病気です。

 

それだけに家族の理解と

協力が不可欠になります。

 

不安、

喪失感といった精神症状、

頭痛や腹痛といった

身体症状に悩んでいる本人を

叱咤激励することは控えてください。

 

本人が回復して

自分の道を再び歩みだすのを

根気強く見守りましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ