適応障害で1年の期間休職!退職せずに仕事に復帰した人は居るのか?

適応障害は、

社会生活において

誰もが遭遇しうるストレスによって

予想以上に

深刻な精神的ダメージを受けた状態です。

 

大人の適応障害では、

発症の原因について明確な自覚があります。

 

そのためにその後の心身の不調との

因果関係も把握しやすいと言えます。

 

不安症状、

うつ症状、

頭痛や腹痛などの

身体症状といったサインは、

ストレスがかかった

1~3ヶ月後に現れるとされています。

 

スポンサーリンク

 

適応障害での休職期間

 

適応障害は、

うつ病のように

脳内のホルモン分泌に

異常を来たしている病気ではないので、

ストレスが消失すれば

症状は比較的速やかに軽減すると

通常は言われています。

 

 

睡魔に襲われるビジネスウーマン

 

職場の問題で適応障害を発症した場合、

休職すると数ヶ月後には

主治医から復職の時期を探そうと

提案されることが多いようです。

 

適応障害では、

ストレス源から遠ざかると

強い安堵感が得られて症状が軽くなるのが特徴です。

 

しかし、

ストレスから回避している間に

自分なりにストレスに

対処する方法を体得しておかないと、

復職しても数ヶ月で

再休職を余儀無くされることも多いようです。

 

スポンサーリンク

 

1年近くの休業が必要になる?

 

適応障害の症状が

現れても休職までに

頑張り過ぎて休息をとるのが遅れた人は、

時に1年近くの休職が必要になります。

 

そうした長期間の休職をした場合には、

ことにストレス耐性を高めるように

心掛けることが大切です。

 

適応障害の人は

ストレスに直面することに

恐怖心を抱いています。

 

長期間の休職によって

再び同じ職場に戻ることへの

恐怖心が昂じないように、

休職期間が長引く時には

カウンセリングを通して自分なりの

ストレス対処法を身につけるように努めましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ