適応障害で休職その後に退職…診断書があっても休職は難しいのか!

適応障害は、

本人にとって

相対的に強いストレスが

原因で起こる急性の障害です。

 

発症の原因ははっきりしており、

ある時点から

急に発症することが多いとされます。

 

そのため、

心身の不調に気づく時期も

うつ病に比べると比較的早いようです。

 

スポンサーリンク

 

適応障害と診断されての休職

 

精神科や心療内科を受診する人も増えています。

 

精神科や心療内科を受診し、

心身の不調や原因を

医師が聞き取っていく中で

職場が原因の適応障害と

診断した場合には、

短期間の休職を勧められることが多いようです。

 

適応障害はストレス源から遠ざかると

比較的速やかに症状が弱くなるためです。

 

女性 上半身 ストレス

 

精神科や心療内科を受診する時点で

一途に退職を考えている人も少なくありませんが、

適応障害の診断が

下されるような精神状態の時には

重大な決断は控えるのが妥当です。

 

まずは主治医から診断書を貰って休職し、

療養に努めてください。

 

適応障害の場合には

休職が決まった段階で

強い安堵感を得てかなり元気になる人もいます。

 

精神状態が安定してから

先のことは考えましょう。

 

スポンサーリンク

 

適応障害の診断書について

 

主治医に診断書を書いていただく際には、

診断名、

および休養が必要な期間を

明確に書いていただくことをお勧めします。

 

休養を要する期間の起算日は

通常診断を下した日の翌日です。

 

期間としては2~3ヶ月が多いようです。

 

もの柔らかな医師だと、

「定期的な通院と加療が必要である」

というような書き方になりますが、

そうした書き方では会社側には

休職の必要性があまり感じられず、

通院のための時間休を

与えれば良いのだろうと

解釈されることもあります。

 

医師に休職を勧められた場合には

いつからどのくらいの期間の休養が

必要かを明記してもらうのが良いでしょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ