社会適応障害とは?症状を診断チェック!薬で治療可能だが仕事はNG?

社会生活で

誰もが遭遇しうる

ストレスにうまく対応できず、

予想外に大きな精神的ダメージを受けて

通常の生活が送れなくなる適応障害。

 

発症には個人の要因も大きいとされています。

 

その個人の要因の一つに社会不安障害もあげられるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

適応障害の背後に社会不安障害あり

 

「社会不安障害」とは、

他人から評価を受けることや

人目を浴びる行動に対する不安のため、

その状況に対して

強い苦痛を感じて動悸や

息苦しさ等の身体症状が現れ、

次第に社会的な状況を避けるようになって

日常生活に支障を来たす病気です。

 

ビジネスシーン アジア Work scenery of the Asian wo

 

社会不安障害は

思春期から成人早期にかけて

発症することが多いとされています。

 

発症の原因については、

脳内の神経伝達物質である

セロトニンなどのバランスが

乱れて不安を誘発しているとの説や、

恐怖や不安に関与する

脳内の扁桃体が

過剰に反応しているのではないかとの

説があります。

 

「内気」「恥ずかしがり屋」

といった性格の問題ではありません。

 

精神療法や

薬物療法によって

症状は改善しうるとされています。

薬としては主にSSRIが用いられています。

 

スポンサーリンク

 

社会不安障害の治療法について

 

社会不安障害では、

動悸や息苦しさ等の

身体症状が現れるのは

特定の状況だと言われています。

 

人前で電話をかける、

集会に参加する、

人前で文字を書く、

会議で発言する、

試験を受けるなど、

症状が現れる状況が

特定されるという点に特徴があります。

 

そのため、

精神療法では認知行動療法が用いられます。

 

社会不安障害は、

性格の問題と思って

自分ひとりで問題を

抱え込んでしまうことが多い病気ですが、

治療で症状の改善が望めます。

 

適応障害やうつ病を

発症する引き金となりかねない

社会不安障害を病気と

理解して適切な対応に努めましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ