高畑裕太の発達障害エピソードから見る4歳まで喋らない3つの可能性!

スポンサーリンク

これまでの天然キャラという理解から、にわかに発達障害疑惑が強まっている高畑裕太。

発達障害を疑うエピソードの1つとして、取り上げられることが多いのが、4歳まで喋らなかったというものです。

発達障害だと、4歳まで喋らないのは、よくあることなのでしょうか?

takahatayuta

4歳まで喋らない3つの可能性

子供の発達は、個人差が大きいものです。

特に個人差が目につくのが、言葉の出方。

1歳前後から片言が出てくる赤ちゃんもいれば、2歳くらいまで、言葉が出ない子供もいます。

言葉の出方が遅くても、言葉が理解できていれば、問題はないとされています。

たとえば、遊んでいる時、ママが「ボールを取ってきて」と言って、ボールを取りに行くようなら、言葉はきちんと理解しています。

言葉が4歳になっても、うまく出てこない、よく喋れないのには、3つの可能性があると考えられています。

1.言葉のインプット量不足。

子供が言葉を話し出すのには、多くの言葉をインプットする必要があります。

十分にインプットされて、初めて、言葉が口から突いて出るとされています。

周囲の大人の話しかけが少ないと、言葉の出方は遅くなります。

また、テレビやDVDなどから聞こえてくる言葉に触れる時間が長すぎても、言葉の出方は遅くなるとされています。

一方的に聞こえてくる言葉は、「言葉」として理解されず、音の一種としか受け止められない可能性があるからです。

2.滲出性中耳炎。

子供の言葉の遅れの原因として問題とされることが多い病気が、滲出性中耳炎です。

滲出性中耳炎は、あまり痛みを感じないのが特徴です。

そのため、なかなか気づかれず、治療が遅れることが、少なくありません。

治療が遅れると、軽度の難聴を引き起こすことがあります。

呼んでも返事をしないことから、耳鼻咽喉科を受診して、滲出性中耳炎と診断されるケースは、多いようです。

3.発達障害。

発達障害も、言葉の遅れが指摘されます。

ただし、言葉を喋らないというわけではありません。

発達障害は、知的な遅れを伴わないのが特徴です。

成長するまで気づかれないことがあるのも、知的な遅れを伴わないためです。

発達障害の場合、言葉をコミュニケーションの道具と理解していないのが、特徴です。

質問をおうむ返しにする、その場にふさわしくない言葉を連呼するなどが、問題とされやすい行動です。

スポンサーリンク

▶︎高畑裕太が発達障害やアスペルガー症候群と言われる3つの要因

4歳まで喋らないとアスペなのか?

空気を読まないことで、多方面から顰蹙をかっていた高畑裕太。

高畑裕太の濃すぎるキャラゆえ、そのエピソードは、発達障害と結びつけられやすい状況が作られています。

小学校時代のエピソードや、成人してからの奔放すぎるエピソードの数々は、アスペルガー症候群やADHDを強く疑わせるものでしょう。

ただし、4歳まで喋らなかったというエピソードについては、発達障害とは切り離して検討するのが、妥当です。

高畑裕太は、生まれつき左耳が聞こえづらかったと言います。

言葉が出るのが遅れたのは、もっぱら、耳に不調があったためと考えるべきでしょう。

現在、明らかにされている高畑裕太の幼少期のエピソードでは、おうむ返しがあったかどうかは、不明です。

言葉をコミュニケーションの道具と理解しない発語が多かったとするなら、発達障害を疑わせるエピソードと言えるでしょうが、4歳まで喋らなかったということは、発達障害というより、耳が聞こえづらかったという身体的な問題に起因すると言えるでしょう。

▶︎アスペルガー症候群の特徴が噂される芸能人は?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ