能年玲奈(のん)は発達障害?性格や発言から発達障害の症状はみれる?

スポンサーリンク

芸名を「のん」に変えた、能年玲奈。新しい芸名での初仕事が、「この世界の片隅にでの声優。

のんが主人公の「すず」に抜擢されたことでも、話題を集めた本作。11月12日公開後、のんの仕事ぶりが、話題になっています。

女優だけでなく、声優として、仕事の幅を広げようとしている、のん。のんには、発達障害を疑う噂が流れたことが、ありました。

nounenrena

能年玲奈の発達障害!噂の発端は、バラエティでの不思議ちゃん

連ドラで、人気を博した能年玲奈は、バラエティ番組への出演回数を、増やしていきました。

綿密な台本が無い、バラエティの世界。場を読む能力、臨機応変の対応力が、図られるのが、バラエティ番組です。

そこで、能年玲奈は、言動に見られる3つの特徴で、視聴者の注意を、引きつけてしまうことになります。

1.質問されると、いちいち沈黙し、シンキングタイムが、不自然に長いこと。

「月曜から夜ふかし」に出演した時は、マツコデラックスに質問され、25秒の沈黙。

周囲が、慌ててフォローを入れました。

2.質問への答えになっていない、自分の世界の答えをしてしまうこと。

「頭だけのウサギ」といった、迷言が、文脈を無視して、頻繁に飛び出します。

共演者たちの必死のフォローがあって、番組として、成立しているというのが、実情でした。

3.主語が無いと、戸惑うこと。

その場の空気から、主語を推測して、普通は、会話が成立するのに、能年玲奈に関しては、戸惑いが激しく、笑ってごまかす様子が、見てとれました。

スポンサーリンク

→鈴木亮平のアスペルガー症候群説はドラマや映画での高い演技力から?

疑われる、発達障害の症状との共通点

能年玲奈の不思議ちゃんぶりは、初々しい彼女の振る舞いから、発達障害を疑う声は、打ち消される傾向があります。

もっぱら、能年玲奈自身の「人見知り」という、自己分析に従った反応です。男性ファンに、噂を打ち消す傾向が、顕著です。

若い女性の間では、「20歳で、これは、ちょっと痛いなと思った」「不思議ちゃんを通り越して、痛い子みたいだった」との声が、上がっています。

フリートークが得意な女性視聴者に、「痛い」という印象が強いのは、質問への答えが、質問に応じたものになっていない点が、特に原因となっているようです。

のんの受け答えの噛み合わなさは、「計算され尽くした、天然キャラ」かもしれないとの見方が、一部にあります。

しかし、中学生時代の話ぶりを聞くと、妙に空回りした印象を与える、ハイテンションの話し方です。

質問への答えが無いことは、中学時代も同じです。

その場で要求される受け答えや、話の方向性が、つかめないこと。

主語を明示されないと、会話の流れが、理解できないこと。

フリートークで、相手と協力して、話題を作り上げることができないこと。

これらは、発達障害の人が、会話で苦労することです。

のんは、発達障害の診断を受けたことがあるとは、されていません。

ただし、言動を見ると、発達障害の人が、コミュニケーションで抱える苦手を、のんが抱えているのは、確かなようです。

→栗原類の母親も発達障害?遺伝の場合の教育法について


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ