浜口京子は発達障害やアスペルガー症候群?喋り方に特徴は見られるのか?

スポンサーリンク

女子レスリング界で、その名を知らない人はいない、浜口京子。

2004年のアテネ、2008年の北京、2012年のロンドンと、オリンピックに続けて出場した女子選手が、浜口京子です。

競技を離れると、一変して、女の子オーラ全開。

バラエティー番組で見せる姿に、ギャップを感じる人は、多いようです。

ギャップから、「発達障害?」「アスペルガー症候群では?」という噂が、ネットに流れました。

hamaguchikyouko

もじもじしたような、幼いような、違和感ある喋り方

浜口京子に発達障害やアスペルガー症候群の噂が広まったのは、もっぱら、話し方が、イメージと異なったためです。

レスリングの時の、闘志あふれる姿とは、打って変わった、もじもじぶり。

幼いような、何か、違和感がある話し方と、感じる人が、多いのが、浜口京子の喋り方です。

単純に滑舌が悪いという問題ではなく、実年齢とそぐわないものを感じる人が、少なくないようです。

幼いという印象を受ける人もいます。

レスリングに明け暮れて、人見知りしているのではないかと、推測する人もいます。

→鈴木亮平のアスペルガー症候群説はドラマや映画での高い演技力から?

 

アスペルガー症候群の子供は、大人びた話し方が特徴

浜口京子のアスペルガー症候群の噂は、事実無根です。

アスペルガー症候群という診断を、浜口京子は受けていません。

アスペルガー症候群の子供や大人に、喋り方の特徴が指摘されているのは、事実です。

アスペルガー症候群の子供は、大人びた話し方をすると、言われています。

難しい漢語、四字熟語、ことわざなどを、使いたがります。

また、親しい人にも、四角四面な敬語を使ったりします。

ただし、使い方は、文脈にそぐわないことも、珍しくありません。

辞書で覚えた言葉やテレビで聞き知った言葉を、そのまま使っているのが、実情です。

話すほどには、理解していません。

スポンサーリンク

→サヴァン症候群!高橋みなみの絵が凄すぎると話題に!山下清を超えたか!

 

アスペルガー症候群の大人は、無駄に話が長いのが特徴

アスペルガー症候群の大人は、話し方が回りくどいのが、特徴です。

重要な情報と枝葉末節が、うまく区別できないことが、原因と考えられています。

障害で、本人が苦労するのが、曖昧な質問をされた時です。

たとえば、「最近、どう?」という質問

何を答えたら良いのかが、アスペルガー症候群の大人には、分かりません

体調のことか?仕事のことか?家族との関係か?相手が、聞きたいと思っていることを推し量り、無難な答えをするのは、アスペルガー症候群の人には、困難です。

そのため、「いったい、何を尋ねているのですか?」と、単刀直入に尋ねる人もいます。

質問しない場合は、考えつくことを、すべて答えてしまいます。

そのため、話が、不必要に長くなってしまいます。

言外の意味を読み取るのが、アスペルガー症候群の人は、苦手です。

そのため、文字化する部分が多いメールが、アスペルガー症候群の大人は得意です。

メールだったら伝わるのに、会話では、うまく伝わらないと悩む、アスペルガー症候群の人は多いようです。

→能年玲奈(のん)は発達障害?性格や発言から発達障害の症状はみれる?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ