トムクルーズは学習障害(LD)というのは本当なのか?

ハリウッドスターのトム・クルーズさん。

 

親日家としても知られています。

 

2003年8月、

『ラストサムライ』の宣伝のために来日した折、

首相官邸の小泉純一郎首相を表敬訪問。

 

首相の側近によると、

トム・クルーズさんは1冊の本を手渡したくて訪問したとのこと。

 

その本は失読症(ディスレクシア)

自分に新しい可能性を開いてくれたと、

トム・クルーズさんは言います。

 

スポンサーリンク

 

ディスレクシアだと公表したトム・クルーズさん

 

同年、

アメリカ合衆国ミズーリ州スパニッシュレイクに

開校したアプライド・スカラスティックス・インターナショナルの

オープニング セレモニーで、

トム・クルーズさんは

自分の過去について次のように述べています。

 

「何かを読んで即座に

それを適用するということができなかったのです。

ですから、

読もうとすると、

文字を逆に読み、

頭痛がし、

不安になり、

ページの終わりまで来て何も頭に入っておらず、

何を読んだのか、

思い出せませんでした。」

 

失読症(ディスレクシア)の典型的な症状です。

 

トムクルーズ 障害

http://www.cinematoday.jp/image/N0065681_lより引用

 

失読症とは書かれた文字を読むうえでの

障害を特徴とする学習障害です。

 

学習障害とは、

全般的な知的能力には特に問題は無いものの、

特定のものの修得と使用に著しい困難を示す状態のことです。

 

学習障害への理解は未だ進んでいるとは言い難い状態です。

 

そうした中、

トム・クルーズさんが自ら

「自分はディスレクシアだ」

と公表したことで、

アメリカをはじめとして

失読症の知名度が高まったと言われています。

 

スポンサーリンク

 

来日の折に小泉首相に

手渡した本で自身の失読症を

克服したとするトム・クルーズさん。

 

それ以前はテープに録音した台詞を

繰り返し聞いて役の

イメージを膨らませたとも言われています。

 

読んで学ぶことの壁にぶつかったことで、

暗記が得意になったとも語っています。

 

苦労の日々が結実した優れた演技力。

 

ハリウッドスターが

明かした失読症という学習障害。

 

そうした障害があることを虚心に受け止めたいものです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ