自閉症の大人の特徴は?赤ちゃんの時とどんな風に違うのか?

自閉症は障害です。

病気ではないので、

大人になっても完治するということは

ありません。

スポンサーリンク

自閉症という病について

小さい頃に発見して

支援が早期から始まれば、

自閉症の症状は

緩和することもあります。

 

悲しむ男性

 

それとは逆に、

幼児期で発見されず、

学校や職場で適応できないために

苦しんで精神科を受診し、

初めて自閉症だと分かるケースも

少なからずあります。
幼児期の自閉症の特徴のうち、

言葉の意味を

上手く理解できないという点は、

大人になっても改善されません。

 

言葉だけで指示したり注意したりしても、

自閉症の人には分かりません。

 

適切な言葉で自分の気持ちを

相手に伝えることも苦手です。

 

集団行動が苦手、

急な変化が苦手というところも

改善は難しいと言えます。

 

▶︎ADHDの子供や赤ちゃんの原因を診断チェック!対応や特徴について!

 

スポンサーリンク

 

大人の自閉症

大人になると

他人との関わり合いが増えますし、

関わり合いによって

緊張する場面も多くなるため、

自閉症の人は

些細なきっかけで緊張してしまったり、

他人の態度や

自分自身に関して

大変神経質になってしまったりします。

 

そのため、

うつ病や依存症を

引き起こすこともあります。

 

同世代と

上手くコミュニケーションがとれず、

年上か年下としか

仲良くなれないという

ケースもあります。
また、

一つのことに執着し、

一度気になるとそのことが

頭から離れなくなってしまい、

他のことに集中できなくなることもあります。

完璧でなければ

納得できないという傾向も認められます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ