自閉症の人は何故くるくる回るのか?原因と対処方法は?

自閉症の子を見ていると気になるのが「くるくる回る動作」などの行為。このような動作は、なぜ始めるのかが気になるところだと思います。自閉症には、他にも様々な動作があると言われています。

その様な動作はなぜ起きるのでしょうか?原因と対処法を検討してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

自閉症になる原因

自閉症になる原因は、今のところ分かっていません。

しかし、自閉症の原因は、生まれつきの機能的な障害なので、親の育て方などが原因でなる訳ではありません。分かる範囲の原因の可能性として、脳の部分が傷ついてしまって居る人もいます。そして、脳の神経間の化学物質にその原因があるとも言われています。

 

head puzzle

 

自閉症の動作

自閉症の動作には色々有ります。代表的なものは「くるくる回る」、「前後に体を揺さぶる」、「つま先立ち」、「ぴょんぴょんと跳ねる」などが挙げられます。

 

▶︎自閉症チェック!赤ちゃんの特徴は手に現れるのか?

 

動作の原因

「くるくる回る」、「前後に体を動かす」動作の場合は、自分の体の揺れや回転を感じる感覚が鈍いことが原因で、その感覚を得るために自ら刺激して補う為のようです。

「ぴょんぴょん跳ねる」場合は、筋肉の収縮、関節の曲げ伸ばしの刺激が鈍い為に起こすとされています。

 

スポンサーリンク

 

対処法はどのようなものが良いか?

「くるくる回る」ような動作は決して本人にとっては駄目な事では有りません。回転して受ける刺激自体を本人が楽しんでいるのです。

そう考えると、一方的に止めさせる行為は本人の娯楽を奪う事につながるとも言えるかもしれません。もちろん、「くるくる回る」動作などは、あまりにもずっと回っていると、倒れる可能性も有るので、怪我の危険性も考えて、サポート出来るようにしておくと良いと思います。

自閉症の子供たちの動作にも楽しむ娯楽として、意味が有ると考えると、全てにおいて理解が出来ると思います。

子供が自閉症だった場合、自閉症という病の付き合いはとてつもなく長い道のりです。

世間の目だったり、場の空気で判断し過ぎずに、子供を尊重しながら、そして楽しく過ごしていく事が大事だと思います。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ