自閉症とは?赤ちゃんや子供と大人になってからの特徴は!

自閉症という医学的判断は、

社会性、

コミュニケーション、

想像力の3つの面のいずれにも

障害が認められることで下されます。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの自閉症について

自閉症は障害であるために

基本的な症状は

生涯続くとされていますが、

具体的な症状の現れ方は

年齢によって異なります。

 

母親とあかちゃん

 

赤ちゃんの時に抱っこを嫌がり、

抱っこすると体を

仰け反らせて大声で泣くようなら、

注意が必要です。

 

あやしても笑わない、

抱かれても気持ち良さそうな表情を見せない、

目を合わせようとしても視線を逸らしてしまう。

 

母親に対してこのような反応を見せる時には

小児科の医師に相談してみましょう。
幼児期には、

他人と視線を合わせようとしない、

ひとり遊びが好きで友達への関心が薄い、

興味や活動の範囲が極端に

狭くて行動パターンにこだわりが強いといった

症状が目立ちます。

 

また、

音や臭い、

肌の感覚の過敏さも特徴的な症状として

現れるようになります。

 

スポンサーリンク

 

軽度自閉症とは?

軽度の自閉症の場合には自閉症と

診断されずに成長することもあります。

 

しかし、

社会性、

コミュニケーション、

想像力の3点に能力障害を抱えているため、

対人関係が重要性を増していくにつれて

生きづらさを感じるようになります。

 

大人の自閉症で目につく症状は

緊張しやすいことと神経質なことです。

 

また、

完璧主義で

完全でなければ納得できないということも

多いと言えます。

 

気になることがあると、

そのことが頭から

離れなくなってしまうということも

よくあります。

 

そのため、

うつ病や依存症を

引き起こすこともあります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ