自閉症スペクトラムは3歳児でも判明する?

自閉症スペクトラム障害は、

軽度の自閉症から

重度の自閉症までを

連続体としてとらえるものです。

スポンサーリンク

 

軽度と重度の診断について

 

診断がつく下限は、

重度の障害では

1歳半検診の頃に可能です。

 

砂遊び

 

軽度の自閉症スペクトラム障害の多くは、

就学前後まで

診断がずれ込むことが

多いのが実情です。

 

しかし、

軽度の自閉症スペクトラム障害であっても、

症状は3歳くらいまでには

出揃っていると言われています。
自閉症スペクトラム障害は、

社会性とコミュニケーション能力に障害があり、

こだわりや常同反復運動

認められる点に特徴があります。

 

社会的な関係をつくることが苦手、

集団行動が苦手、

他の子供に無関心で

遊びの輪に入ることができない、

言葉を適切に使用して

自分の気持ちを伝えることが困難。

 

周囲の状況や

因果関係を理解するのが難しい、

人の話を聞けないし聞いても理解できない。

 

急な変化が苦手、

行動パターンや物の置き方を決めたがる。

 

表情が乏しい、

視線を合わせようとしない

といった中核的な症状は、

だいたい3歳くらいになると現れているとされています。

 

また、

音や臭い、

肌の感覚の過敏さも

特徴的な症状としてこの頃には現れます。

 

スポンサーリンク

 

3歳で判明する事が多い理由

 

検診に携わる保健師や小児科医は

必ずしも自閉症スペクトラム障害についての

知識や経験を

十分に持っていないのが実情です。

 

児童精神科医の数も

決定的に不足しています。

 

そのため、

3歳という目安の年齢での

兆候が見逃されるケースも少なくありません。

 

発見された場合も

療育サービスの順が回ってくるまで

何ヶ月も待機せざるを得ない状況です。

 

地域ぐるみで

自閉症スペクトラム障害を

支援する体制の構築が求められます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ