広汎性発達障害・自閉症スペクトラム障害の診断基準について!

自閉症の症状を

連続体としてとらえるのが

「自閉症スペクトラム障害」です。

スポンサーリンク

自閉症スペクトラム障害の診断基準

「自閉症スペクトラム障害」は、

2013年5月に改定された

「DSM」に用いられた診断名です。

Child with Mental Disorder like Social Phobia

 

「DSM」は

米国精神医学会が出版している

精神障害の診断と統計マニュアルですが、

世界中で使われている

事実上のグローバルスタンダードです。

 

日本でも「DSM」を

使った診断が一般的です。

 

2013年の改定によって、

従来「広汎性発達障害」の

サブカテゴリーとされてきた

2つの診断名が

「自閉症スペクトラム障害」という

診断名に統合されるとともに、

2つの診断名が

「自閉症スペクトラム障害」の

診断基準から

外されることになりました。
統合されることになったのは

「小児期崩壊性障害」と

「アスペルガー症候群」。

 

「小児期崩壊性障害」とは、

生後少なくとも

2年間は正常に発達していたのに、

その後、

対人関係や

コミュニケーション能力等に

障害が生じて

社会性の能力障害や常同性が

認められるようになったものです。

 

2013年の改定によって

「小児期崩壊性障害」は

「自閉症スペクトラム障害」に

統合されることになりました。

 

また、「アスペルガー症候群」

という診断名も

「自閉症スペクトラム障害」

に統合されます。

 

「アスペルガー症候群」の

分類が消えることで

社会サービスから除外されてしまう人が

出るのではないかとの意見も出ましたが、

アスペルガー症候群の人が

新しい診断基準から外れることはありません。

 

スポンサーリンク

 

レット障害と特定不能の広汎性発達障害について

 

新しい診断基準によって

「自閉症スペクトラム障害」に入らないとされる

広汎性発達障害のサブカテゴリーは、

「レット障害」

「特定不能の広汎性発達障害」です。

 

「レット障害」は

X染色体の異常であることが分かり、

自閉症とは関連が無いために

「自閉症スペクトラム障害」からは

除外されます。

 

また、

「特定不能の広汎性発達障害」については、

従来、

社会性の障害か

常同性のどちらかが認められること

要件としていたため、

今回の改定で

「自閉症スペクトラム障害」から

外れることになりました。

 

自閉症は社会性の

障害と常同性のいずれも

要件としているからです。

 

「特定不能の広汎性発達障害」は、

新基準では

「社会コミュニケーション障害」

という診断名が

用意されることになりました。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ