自閉症スペクトラム障害の支援

DMSの改定によって

整理されなおした自閉症スペクトラム障害。

福祉、教育、

保健医療と広い領域で

支援のための取り組みが

始まろうとしています。

スポンサーリンク

 

自閉症スペクトラムの支援について

自閉症スペクトラムという

障害を持ちながらも、

持てる能力を本人なりに

発揮して社会参加することを

目指す支援です。

パパと赤ちゃん/イクメン

 

支援は早期に始まり、

ライフステージに応じて

変化しつつも一貫性をもって

途切れずに続くのが

最も望ましいと言えます。

 

以前は、

自閉症児が明るい将来像を

見通すためには

幼児期の言語発達を促す教育

重要であるとされていました。

 

しかし、

言語発達が良好でも、

それだけでは充実した

社会参加は保障されないことが

明らかになってきました。

 

発達障害者支援法で謳われているように、

社会全体で

自閉症スペクトラム障害の人と

その家族をサポートする体制を

整備することが必要です。

 

スポンサーリンク

 

自閉症スペクトラム障害の診断前支援の強化

現在、

乳幼児健診で発達の遅れ

偏りを発見して療育につなげる

取り組みがなされています。

 

しかし、

単に療育につなげるだけではなく、

親を支援することが

子育て環境の安定に資するとの視点の強化が、

今後は重要になると言えます。

 

我が子に

自閉症スペクトラム障害が

あるかもしれないとの不安を抱えている

親のニーズに焦点を当てた

診断前支援も強化することが必要でしょう。

 

障害告知に

向き合うには大きな覚悟が

必要だからです。

 

診断を有用なスタートとするためにも、

親のメンタルヘルスに

配慮した支援を

充実させることが大切です。

 

ライフステージごとに

親子関係のあり方は異なります。

 

その時々に応じた支援によって

自閉症スペクトラム障害者本人の

生きやすさをサポートするとともに、

親も見通しと意欲をもって

育児に当たれるような支援を

地域全体でしていくことが

求められています。

 

1・2・・>>次のページへ

 

スポンサーリンク



→アスペルガー・ADHD・発達障害を本気で改善する方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ