統合失調症の症状はイライラする事!ストレスが主な原因?

統合失調症で

現れる精神症状の一つに

イライラ感があります。

 

物や他人に当たり散らしたり、

自分を傷つけたくなることもあります。

 

小さな子供を持つ母親が

我が子に当たってしまうことも少なくなく、

自責の念が強まって何とかしたいと

精神科を受診して統合失調症に

罹っていたと分かることもあります。

 

スポンサーリンク

 

統合失調症の初期症状

統合失調症への過程で最初に見られるのは、

「自分はみんなについていけないのではないか?」

「みんなの期待に応えられないのではないか?」

という不安や、

「引き受けたことはキチンとやらなければならないが、

周囲のペースに振り回されて自分のペースでは生きられない」という思い、

「何をやっても自分は駄目だ」という無力感です。

 

こうした無力感が募って先行きへの不安が高まると、

次第に「自分の人生は運命に翻弄されている」

と感じるようになって統合失調症の症状が現れだします。

 

発狂してしまったビジネスウーマン

 

統合失調症の症状としては、

現実感の喪失、

意思疎通の障害、

感情失禁などが挙げられます。

 

現実感の喪失とは、

自分が周囲と隔絶されていて、

周囲に直に触れられないもどかしさを感じる状態です。

 

そうなると、

周囲の人とうまく

コミュニケーションをとれなくなります。

 

感情失禁とは

自分の感情をうまくコントロールできない状態です。

 

人前で突然大声で泣き出したり、

わけもなく涙が出てきて止まらなくなったり、

逆に感情がわかなくなったりします。

 

そうなると、

自分の身体の知覚も感じとれなくなります。

 

スポンサーリンク

 

症状が悪化すると

さらに症状が進行すると、

自分の行動や思考までもが

他人に操られているように感じ始めます。

 

そこまで症状が進行した時に

現れる精神症状にイライラ感があります。

 

イライラ感が現れる頃には

引きこもり状態になっていることも少なくありません。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ