統合失調症の原因はドーパミンだった?

精神機能の

ネットワークが

うまく働かなくなる統合失調症。

 

精神機能のネットワークは

脳内のさまざまな部位で行われています。

 

その部位同士が適切に

情報をやりとりすることで精神機能は保たれます。

 

スポンサーリンク

 

統合失調症に深く関わるドーパミン

 

情報伝達に

欠かせないのが精神伝達物質です。

 

精神伝達物質には

さまざまな種類がありますが、

統合失調症の発症にドーパミンという

精神伝達物質が関わっていると

考えられるようになりました。

 

Bright idea

 

ドーパミンは、

気持ちを緊張させたり

興奮させたりする神経伝達物質です。

 

ドーパミンの働きを活性化させる

薬剤が統合失調症の症状に似た

幻覚や妄想を引き起こすことから、

統合失調症とドーパミンとが

関連付けられて考えられるようになりました。

 

また、ドーパミンの働きを遮断する

抗精神病薬が統合失調症の

陽性症状とされる幻覚や妄想の治療に

効果をもたらすことからも、

統合失調症の

陽性症状には

ドーパミンの過剰分泌が

影響しているのではないかと

されるようになりました。

 

ドーパミンによって情報を

伝達している神経経路は幾つかありますが、

そのうちの1つ、

中脳辺縁系でドーパミン

過剰に放出されていると、

幻覚や妄想などの

統合失調症の陽性症状が

引き起こされると考えられています。

 

スポンサーリンク

 

ドーパミンの機能低下による症状

 

一方、統合失調症では、

中脳皮質系の経路では

ドーパミンの機能低下が見られることが

明らかになっています。

 

ドーパミンの機能低下によって

意欲減退や感情の鈍麻といった

統合失調症の陰性症状が

現れると考えられています。

 

統合失調症では、

幻覚や妄想といった

陽性症状と意欲減退や

感情鈍麻といった陰性症状が併存しますが、

陽性症状はドーパミンの機能亢進、

陰性症状はドーパミンの機能低下が

原因ではないかと考えられています。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ