赤ちゃんや子供の重度知的障害の特徴や症状は?寿命はどのくらい?

スポンサーリンク

もし、ご自分の子供が十度の知的障害者だったら考えることは、普通の子供より多くなると思います。

様々な悩みの中ので多いのが、「重度の知的障害の特徴や症状」、「寿命」などが大きく占めるかと思います。

これらを理解しておかなければ、育てる途中で理解し難いこともあったりするでしょう。

では、重度知的障害の特徴や症状はどのようなものなのでしょうか?

寿命とはどのくらいなのでしょうか?

adhd

重度知的障害の特徴や症状とは?

知的障害の原因はまだ明らかではないですが、軽度の場合は原因不明にあたる知的障害として位置づけられますが、その他は染色体の異常や出産時のトラブル、乳児の高熱などが原因とされています。

「重度知的障害」は、発症が18歳以下、IQ20以下で、常時、保護が必要な状態と言えます。

今は知的障害事態が複雑なために、定義づけが非常に難しいという見解がありますが、定義としてはこのようになります。

コミュニケーション、学習能力、自己管理、家庭生活、社会的、対人的、自律性、仕事、健康、安全、などといった事で2つ以上が欠陥があると判断される状態であることです。

簡単な会話が6歳くらいまでには出来るようになり、訓練次第では身の回りのことが可能です。

大人になると、簡単な行動や、繰り返しが出来たりしますが、常に監督や保護が必要なことを意味します。

スポンサーリンク

▶︎知的障害!重度・中度・軽度の判定基準は?

重度知的障害の寿命は?

知的障害だけななら寿命は普通の人と変わらないと言われています。

65歳未満が大半であり、65歳以上が1割弱というデータも存在します。

ダウン症などは合併症などがある場合はもうちょっと低く、50歳以下であったりします。

▶︎軽度知的障害のIQは?ボーダーラインはどこからなのか?

重度知的障害への理解を

重度知的障害が身近居たりすると、ストレスなどの身心ボロボロになってしまったりします。

しかし、支援なども場も最近では増えてきましたし、理解者も増えました。

1人で抱え込まずに、相談しながら過ごす事で、乗り越えられることも出来たりします。

同じ境遇の人とコミュニケーションを設けて、共に乗り越えていきましょう。

▶︎軽度知的障害者の仕事は?就職先で多いのは×××だった!


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ