赤ちゃんや子供の知的障害の特徴は大人と何かが違うのか?

スポンサーリンク

乳幼児の知的障害はわかりにくいといわれます。

どんな特徴があるのでしょうか。

そして、大人の知的障害との違いはあるのでしょうか。

baby

乳幼児の知的障害の特徴とは

一般的によく言われるのが、「共鳴動作」です。

これは自閉症のひとつの判断に使われます。

「共鳴動作」とは、いわゆる「真似っ子」です。

まだ言葉もしゃべれない赤ちゃんでも、微笑みかけると笑い返してくれますよね。

これは原始反射といって、反射行動なのです。

ですから、意図して行っているわけではありません。

これはコミュニケーションを獲得するためと考えられていて、その後「真似しよう」と意図的に模倣するようになるまでこの反射行動は続きます。

自閉症の赤ちゃんでは、この共鳴動作が見られないことがひとつの特徴です。

重度のものになると明らかに様子がおかしいので、医師から診断テストなどを受けるように勧められます。

しかし、軽度のものになると就学未満ではマイペースなのんびり屋として、個性のひとつとして受け入れられてしまうことも多いです。

全体的に年齢より幼く、同年代の子ができることがなかなかできないことが多いですが、それが知的障害によるものなのか個性なのかは、きちんと診断してもらわないと判断はできません。

スポンサーリンク

大人と子供の知的障害の違いとは

大人と子供の知的障害の最も大きな違いは、子供の場合は「成長する過程である」ということです。

多少、知的な発達が遅れていたとしても、周囲の働きかけによってはゆっくりでも成長を促すことが可能です。

また、健常者でもそうですが乳幼児期の成長や発達には、個人差がとても大きいです。

そのため、多少苦手な分野がありながらも普通の子と同じように成長する子もいれば、段々周囲から遅れていく子もいます。

大人になると、小学校卒業程度の学力で留まることが多く、理解力も劣ることがほとんどです。

コミュニケーション能力が低く、新しい環境に慣れるまで時間がかかります。

障がいが軽度の場合、周囲のサポートによって健常者とほとんど変わらず過ごせることもありますが、そこから成長するというのは難しいでしょう。

▶︎幼児の軽度知的障害の人の顔の特徴は×××なのか?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ