知的障害の結婚や出産についての注意点は?子供に障害は遺伝する?

スポンサーリンク

大人になるといずれは結婚や出産を思い描いたりする人がほとんどだと思いますが、もし、自分自身や好きになった人が知的障害者だったとしたら、結婚や出産を複雑に考えてしまうようなケースもあるかと思います。

そして、知的障害には遺伝するなどの噂もあります。

このような噂が本当だと慎重になることも仕方ない場合もあるかもしれません。

では、知的障害は本当に遺伝するのでしょうか?そして、どのような注意点があるのでしょうか?

imbecility

知的障害の原因には二通りある?

実は、知的障害の原因には二通りあり、家系的な遺伝性のものと、出産の際によって起こる後天性なものが存在するのです。

それらのどちらかが分かることにより、遺伝的な場合は悩みも軽減する場合もあるでしょう。

▶︎子供が発達障害だと離婚する確率は高いのか?離婚に至る理由は?

家系を見直す事で見えてくる遺伝性

では、どのように先天性か後天性なのかを見極めるかと言うと、過去を三代くらいをさかのぼり、親族を含めて知的障害者が居るかによってが見極め材料になります。

知的障害者が見当たらない場合は、遺伝的要素はないと考えやすいです。

スポンサーリンク

▶︎赤ちゃんや子供の知的障害の特徴は大人と何かが違うのか?

知的障害の結婚や出産の注意点

では知的障害ではない場合の結婚と出産では何が違い、どのような注意が必要なのでしょうか?

それは、知的障害者は人それぞれに症状が異なりますし、度合いも違います。

例えば、知的障害者とそうでない方が結婚をする場合は、一緒に暮らしてみないと分からない点が見えてくる事柄が多いと言えます。

日常生活で欠落してしまう行動なども少なくは無いために、それらを把握する意味では結婚前に共に生活して過ごしてみると良いと思います。

そして、出産ですが、もし、遺伝性の知的障害の場合は、生まれてくる子供にも知的障害リスクが伴ってきてしまうことも理解するべきです。

もちろんあくまで可能性があるだけで、絶対ではありません。

気にしすぎていたら結婚も破断してしまうかもしれません。

逆に、お互いの愛をはぐくんで、様々なリスクだってクリア出来てしまうかもしれません。

知的障害のリスクを理解したうえで、2人で話し合っていくと良いでしょう。

▶︎幼児の軽度知的障害の人の顔の特徴は×××なのか?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ