知的障害の定義とは×××だった!支援方法について

スポンサーリンク

知的障害の知識は、実際のところきちんと把握できていない方がほとんどです。

しかし、もし、ご自身の生まれてくる赤ちゃんが知的障害だったとしたらどうでしょうか?

そうなんです。

これは、誰にでも起こりうることでもあるのです。

知的障害を理解しておく事が決して不必要な情報ではないと思います。

では、知的障害とはどんなものなのでしょうか?

定義や支援方法などはどんなものがあるのでしょうか?

imbecility

知的障害の定義とは?

知的障害の定義とは知的検査で行って判断されます。

知能指数が70以下の場合は、知的障害と位置づけされています。

対人関係指数が50から70くらいの場合は軽度の知的障害者として位置づけられます。

これは周りにも気づかれないくらいの状態で、日常生活が遅れてしまったりします。

次に、対人関係指数が35から50くらいの場合は中度と位置づけられます。

対人関係し数が20から35くらいの人は合併症などを患って居る場合が多く、20以下の場合は寝たきりの可能性もあります。

知的障害のチェックリストの内容は、記憶力が少ない、注意に対してパニック状態になる、コミュニケーションの障害、簡単な動作に時間が掛かる、理解力の劣り、行動力の劣り、などの項目が代表的です。

スポンサーリンク

▶︎女性の軽度知的障害の支援や悩みについて!

知的障害には支援がある

現代ではインターネットの環境などが普及しているので、様々な情報が手に入ります。

知的障害に対しても支援が存在します。

障害年金や特別障害者手当て、就職支援なども豊富に存在します。

国の支援などは各市町村が窓口になっていますので、お住まいの窓口にご相談してみてください。

知的障害者を家族に持つと身心疲れていきます。

心などは様々な同じ境遇の人たちとコミュニケーションを取り、自分だけとは思わずに、うまくストレスを吐きながら、問題を乗り越えていくと良いでしょう。

知的障害も大事な命です。

尊重しながらともに過ごせることを考えましょう。

▶︎知的障害の種類について!最重度知的障害とは?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ