籠池泰典の発言は嘘それとも本当?発達障害だと嘘つきになる?

スポンサーリンク

森友学園問題の渦中の人、籠池泰典氏。

その発言を巡り、世間では、「嘘それとも本当?」と、注目が集まっています。

籠池泰典氏の発言は、嘘なのでしょうか?本当なのでしょうか?

moritomogakuen

 

偽証罪に問われる可能性は?ポイントは記憶に従った証言かどうか

籠池泰典氏の発言に対しては、すぐに政治家の間で、「偽証罪に問われるべき発言が、多々あった」として、糾弾する構えを見せる人が、現れました。

発言が、客観的事実に反しているというのが、通常の「嘘」のとらえ方ですが、偽証罪に問う場合、基準となるのは、客観的事実ではありません。

その点に難しさがあります。

偽証罪で罪に問われるのは、記憶に反したことを証言した場合です。

客観的事実に反していても、記憶に従って証言していれば、偽証罪は不成立です。

→狩野英孝は天才?発達障害を持つ人は天才や成功者が多いのか?

 

籠池泰典氏の嘘の数々!もはや病気ではという声があがっている

偽証罪に問えるかどうかは、別の問題としても、ネットでは、「籠池泰典の嘘は、もはや病気では?」という声が、数多くあがっています。

真っ先に取り上げられるのが、経歴詐称疑惑。

学歴について、商学部卒なのに、「法学部卒」としてみたり、職歴について、新卒で奈良県庁に入庁した事実を、「自治省に入省後、奈良県庁に出向」としています。

森友学園で講演した経験がある、竹田恒泰氏については、推薦者として、ウェブサイトに勝手に名前を載せ、竹田恒泰氏も「許可を得ないで、そういう事をやるところなんですよ」とコメントしています。

また、籠池泰典氏が園長を務める幼稚園のホームページには、昭和天皇が幼稚園に「御臨幸」として、写真を掲載。

実際には、植樹祭の時の画像とされるものです。

 

スポンサーリンク

→平愛梨の発言!発達障害だと天然発言をしてしまうのか?

 

嘘まみれは病気?発達障害との関係性は?

嘘をついていても、本人に罪の意識が希薄なケースとして、あげられるのが、パーソナリティ障害と発達障害です。

発達障害の子どもは、しばしば嘘をつきます。

保護者が、子どもを不憫がって、過剰反応している場合、特に、嘘が助長される傾向があります。

発達障害の子どもは、言葉による円滑なコミュニケーションが、苦手です。

しかし、大きくなるにつれて、言葉で訴えないと、親は、振り向いてくれなくなります。

自分に注意を向けてほしいというサインとして、被害妄想的な嘘をつく事が、少なくありません。

親が、過剰に反応して、自分に寄り添ってくれるという経験をすると、嘘は、子どもの中で「本当」になっていきます。

本当のことを言っていると思っているため、罪の意識は感じないまま、次にも嘘をつくようになります。

→藤井聡太プロ!発達障害やアスペルガーは集中力が凄い?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ