5歳児の癇癪は発達障害の可能性!かんしゃくの対処法は?

スポンサーリンク

些細なことがきっかけで、泣き叫び、手足をばたつかせるわが子。癇癪です。

癇癪が起こると、家の空気は、一変します。

まるで、地雷を踏んだように感じる保育者は、多いようです。

癇癪は、ある程度、大きくなると、次第に起こさなくなります。落ち着いてくるのを期待して、すでに、小学校入学が目前。

5歳を過ぎても、癇癪をしばしば起こすのは、フツウでしょうか?

adhd

発達障害の目安となる5歳

癇癪は、1歳になる前くらいから、目につくようになります。

きっかけとして多いのは、欲求不満、疲労、空腹

自分の気持ちに適した状態が作られていないと、癇癪は起こります。

小さな子供は、自分の気持ちをうまく言葉で伝えられません。

自分の要求を、受け入れられやすい言葉で伝える術が、身についていません。

そのために、引き起こされるのが、癇癪です。

癇癪のピークは、2歳くらいから4歳くらいまで。

言葉が発達し、自分の気持ちを伝える術が発達してくる5歳児は、次第に癇癪を起こす回数が、減ってくるのが、普通です。

5歳を過ぎても、癇癪を頻繁に起こし、癇癪が続く時間が長いようなら、小児期を通じて、癇癪が続く可能性があるとされています。

発達障害の可能性が出てくるためです。

発達障害を疑う目安は、年齢にして5歳。5歳を過ぎても、1日に何回も癇癪を起こすようなら、発達障害のサインかもしれません。

また、いったん癇癪を起こすと、癇癪が15分以上続く場合も、注意が必要です。

叫び声が止まない、地団駄を踏むなどの状態が、15分以上継続するようなら、発達障害の疑いがあります。

スポンサーリンク

→発達障害の子供や乳幼児・赤ちゃんの顔の特徴は?

効果があるとされるタイムアウト法とは?

癇癪を起こした子供は、時に危険な行為に走ります。

車を運転している親の腕を叩いたり、いきなり道に飛び出したり。自分や他人を危険にさらす行為も、しばしば混じります。

危険行為は、黙認しないことが大切です。

また、癇癪を起こしている時、本人も辛いのです。

どうすれば癇癪を止められるか分からず、誰かに早く止めてもらいたいと思っています。

子供が癇癪を起こした時、自分を落ち着かせることのできる、安全な状況を、比較的短時間で作る方法が、タイムアウト法です。

タイムアウト法は、自分のしていることが間違っていると気づいている場合や、保育者の注目を得られないと罰を受けていると感じる子供の場合、最適な対処法とされています。

まず、癇癪を起こした場所から離れさせます。

椅子に座らせます。

時間は、年齢×1分で、最長5分間です。

途中で立ち上がったら、最初からやり直します。

座らせている間、子供に話しかけたり、目を合わせたりしないのが、コツ。

立っても良い時間になったら、保育者は、タイムアウト法で叱られた理由を静かに尋ねます。

正しい理由が思い出せない子供には、その場で教えて思い出させます。

タイムアウト法は、この方法で叱られることが分かっているのに、いけないことをした子供にも使える対処法です。

→アスペルガー症候群とADHDは合併するのか ?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ