発達障害(アスペルガー)の大人の特徴をチェック!

社会人になってから
発達障害との診断を
受ける人が近年増えています。

発達障害は昔からありましたが、
認知されるようになったのは最近のことです。

スポンサーリンク

発達障害のトラブルや症状

発達障害と診断されないまま大人になり、
社会人となってから
発達障害に起因する症状でトラブルを起こして
発達障害を自覚する人もいます。

悲しむ男性

学生時代までは個性と捉えていたり、
苦手ながらも自分なりにやり過ごしていたものの、
社会に出てトラブルを起こして
抑うつ症状を引き起こし、
それがきっかけで発達障害が分かる人も増えています。

大人の発達障害も、
子供の発達障害同様、
社会性、
コミュニケーション能力、
想像力、
体の感覚などに特徴があります。

主だった症状を8つあげましょう。

スポンサーリンク

発達障害の8つの症状

1.場の雰囲気を読むのが苦手。

2.うまく要約して話すことができず、
話が長い割には相手によく伝わっていない。
時には自分でも何を話しているのか分からなくなる。

3.興味のあることには過剰なほどに集中し、
他人に声をかけられても気づかないほどである。

4.曖昧な表現が理解できない。
「ちゃんとやりなさい」
「適当でいいから」と言われると、
どのようにしたら良いのか分からない。

5.場所が変わっただけでとても緊張してしまったり、
予定が急に変更されるとどうしたら良いのか分からなくなってしまう。

6.一度に幾つかのことができず、
混乱してしまう。

7.言葉の裏が読めず、
言葉をそのまま受け入れるので、
遠回しな言い方が理解できない。

8.五感が敏感。肌触りにこだわりがあったり、
他の人が気づかない音に気づいたりする。
気になる臭いがあったり、
食べ物の好き嫌いが激しかったりする。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ