発達障害の人は寝ないのか?睡眠障害との関係性について!

adhd

発達障害の人は睡眠障害を併発することが多いといわれます。

本当なのでしょうか。また、どういうメカニズムなのでしょうか。

スポンサーリンク

発達障害だと睡眠障害になる?

特に子供の発達障害について調べると、「寝ない」「寝過ぎる」といった睡眠障害が出てきます。

確かに、発達障害の人は睡眠障害を併発してしまうことが多いです。

注意が必要なのは、発達障害にも様々あり、必ずしも睡眠障害を併発するわけではないということです。

また、睡眠障害があるから発達障害であるという決めつけは絶対にしてはいけません。

発達障害で睡眠障害に注意しなければならないといわれるのは、睡眠が脳の発育に重要だからです。

一般的に、睡眠は脳の成長や正常な機能を保つために重要といわれ、睡眠中に脳は情報を整理しているとされています。

乳幼児期に睡眠リズムが安定しないと、注意欠如多動性障害や自閉傾向、言語の発達の遅れなどが起こるという研究報告もあります。

逆に発達障害がある人でも、睡眠リズムを本来のものにすると発達指数が改善することもあるという研究結果も出ています。

また、このころにきちんとした睡眠リズムが作れないと、青年期に入ってもちゃんとした睡眠がとれない傾向にあります。

乳幼児期では子供が寝ないと、彼らの世話をする親たちが先に疲れを感じてしまい、特に母親が疲れ果てて体を壊してしまうことにもなりかねません。

スポンサーリンク

▶︎発達障害3歳児の偏食!食べない理由は?どう対処したら良いのか?

発達障害と睡眠障害の関係性

発達障害で睡眠障害が多く報告されるのは、睡眠障害がホルモンの異常で起こっている可能性があるからです。

睡眠に関係あるホルモンは「メラトニン」と呼ばれます。

メラトニンはセロトニンと呼ばれる物質から生成されています。

発達障害のある人は、このセロトニンが普通の人より不足している傾向にあります。

もちろん一口に睡眠障害といっても、現代は眠りにくい環境だといわれており、外的なものを含めて様々な要因が考えられます。

しかし、発達障害で睡眠障害が起こりやすいのは、こういった脳の機能障害の背景もあると考えられます。

ですから、あまりに睡眠障害がひどい場合には、サプリメントを代表とする薬物治療を行う必要があります。

▶︎発達障害3歳までの療育について!療育とは?子供にどんな事をするのか?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ