発達障害の大人は改善や治療が可能か?そもそも治るのか?

発達障害のある人は、

家庭や地域、

職場でしばしばトラブルを起こします。

 

トラブルが深刻化するのは、

発達障害であることに本人も気づいていない、

そのために適切な治療がなされていない、

周囲も適切な支援やサポートが

できずにいるということが原因です。

 

スポンサーリンク

 

発達障害の治療法について

 

発達障害は治療が可能です。

適切な治療によって

生きづらさは確実に軽減されます。

 

Lazy young man sucking thumb doing nothing grey background

 

発達障害による

生きづらさを軽減するのに必要なことは、

まずは自身が

発達障害であるということを受け入れること、

適切な治療を受けること、

周囲も適切な支援やサポートを行うことです。
一般に発達障害の治療では、

まず心理教育と環境調整法が行われます。

 

発達障害の人は

言葉をうまく使えないために

言葉による治療に重きを置かない傾向があります。

カウンセリングの重要性を理解することが困難です。

 

また、

ほとんどの発達障害者は、

自分のさまざまな問題行動は

自分の性格や家庭環境によるものだと思っています。

 

もともと脳に機能障害が

あることが原因で引き起こされているとは

思ってもいません。

 

脳の機能障害が

原因だと知ってすっきりする人もいれば、

逆にひどく落ち込む人もいます。

 

脳の問題であることを受け入れ、

適切なカウンセリングや

薬物療法で生きづらさが軽減すると

理解することから治療は始まります。

 

スポンサーリンク

 

大人の発達障害には薬物療法が効果的!?

 

大人の発達障害、

特にADHDやアスペルガー症候群には

薬物療法が効果的です。

 

薬は脳の機能を回復させる目的で使用されます。

 

効果が期待できるとして良く用いられているのは、

セトロニンの再取り込みを阻害するSSRI、

てんかんの治療にもよく使われるバルプロ酸、

抗精神病薬などで、症状に合わせて使用されます。
また、

自助グループへの参加も勧められます。

 

発達障害の人は、

多くの場合、

自己評価が低く、

地域や職場で孤立しがちです。

 

同じ経験や苦労を

味わった仲間と話し合うことで

不安が取り除かれることは広く立証されています。

全国的に展開している自助グループとしては、

ADHDの人とその関係者を応援する

「えじそんくらぶ」や発達障害者と

その関係者を支援する「アスペ・エルデの会」などがあります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ