発達障害グレーゾーンの特徴とは?対応はどうすればよいのか?

スポンサーリンク

発達障害には様々な問題がありますが、その中で「グレーゾーン」の子供たちです。

学校へ入学した際に、先生たちが「ちょっと変わっている」と認識できる子供に対して「グレーゾーン」と使われる言葉です。

その対象となる子供の割合は、クラスに3人くらいの割合と言われています。

Junge sitzen vor Spind, Seitenansicht

グレーゾーンの子供の特徴

平成16年に「発達障害者支援法」が公布され、子供への発達障害の早期発見と支援への意識が強まり、教育の分野で注目がされています。

知的障害などを抱えた、比較的に「発達障害」と認定されやすいものと違い、「グレーゾーン」に当たる子供たちへの見定めは難しいものです。

ではいったい「グレーゾーン」の子供たちの特徴とはどのようなものなのでしょうか?そして、対処はどのように施したら良いのでしょうか?

まず、「グレーゾーン」の子供たちは周囲の子供たちとわずかに違いがあるような程度であったりしますので、よく子供を観察することが大事です。

例に挙げると、「先生や親の話を聞いていられなくなり、ちがう行動を取ってしまう」、「団体行動から飛び出し、1人孤独に行動を起こす特徴がある」、「他の子供よりかんしゃくを起こしやすい」、「片付けることが出来ない」など、日常できちんと見ていないとただの性格的なもので解釈されてしまいそうな微妙な行動であったりするのです。

スポンサーリンク

▶︎子供が発達障害だと離婚する確率は高いのか?離婚に至る理由は?

グレーゾーンの対応はとても重要なこと

「グレーゾーン」は知的障害が無かったり、あっても僅かなので、「ちょっと変わってる」と認識していても、他の子供と支障なく育てていけたりします。しかし、その中で起こる二次的に起こる問題があります。

それは、変わっている部分が周囲の子供たちによっていじめの対象になったり、親や先生が「グレーゾーン」の子供だと理解で来ていないで育っていると、目立つ行動を怒られ続け、それらの個性を否定的に育っていってしまう為に、学校でも友達とは交われなかったり、引きこもりなど、誰にも心を開かなくなってしまったりします。

そして大人になってもその個性的な部分で、社会に馴染めなかったりすることもあります。

ですので、親も先生も、「ちょっと変わってるな」と思う気持ちが多々ある場合は、その子供を過度に怒りつけずにうまく見定めて、教育しても変わらないような個性が出ている子供関しては、大人が責任を持って専門の医師に相談すべきだと思います。

大人が知らず反らずに子供に無理な圧力をかけている可能性がある訳ですから・・・

▶︎発達障害の人は寝ないのか?睡眠障害との関係性について!


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ