発達障害の乳幼児・子供・大人それぞれに特徴はあるのか?

発達障害は年齢によって症状の現れ方が異なります。

特徴的な症状は

3歳くらいに現れるとされていますが、

知的な遅れが見られないと

発達障害であることが

見過ごされてしまうことも少なくありません。

 

後日発達障害と診断された子供たちには、

赤ちゃんの時に4つのサインが

現れているとされています。

 

スポンサーリンク

 

発達障害と後日診断された子供に共通する赤ちゃんの時の4つのサイン

 

1.あやしても嬉しそうにしないし、おっぱいを飲んでいる時に目を合わせようとしない

2.抱っこを嫌がり、母親が抱っこしても体を仰け反らせて大声で泣いたりする

3.一人にしていても泣かない

4.後追いをしない

 

発達障害と後日診断された

子供たちに共通する症状です。

 

こうした症状に気づいたら、

まずはかかりつけの小児科医に相談してみると良いでしょう。

 

1歳半検診で発達障害の疑いがあるとされた場合には

療育指導が受けられます。

 

1歳半検診には引っかからず、

3歳児検診で発達障害の疑いがあるとされる場合もあります。

 

どちらの検診にも

引っかからずにいて青年期以降に、

対人関係の不器用さから

発達障害が明らかになる場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

親が最も頭を悩ませるのは、

知的な遅れが見られない発達障害です。

 

検診には引っかからないけれども、

なんだか育てにくい。

 

他の子にできることが

我が子はできないという不安が苛立ちに変化した時、

親が子供を虐待してしまうようになります。

 

虐待は親子ともに傷つく行為です。

脳の障害で生じる発達障害を正しく理解して、

サインを見つけたら早めに専門家の意見を求めましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ