母親の腸内細菌と発達障害の××な関係性!

スポンサーリンク

福井大学の研究チームが、腸内細菌が少ない母親から生まれた子供には、発達障害があらわれやすい可能性があるというマウス実験の結果を発表しました。

もし、この研究結果が人間にも当てはまるなら、発達障害の予防にもつながるとして注目されています。

asian baby and mother relaxing

母親の腸内細菌が子供の発達や発育に与える影響とは

実験では妊娠中のマウスを二つのグループに分け、正常な腸内細菌のグループと人為的に腸内細菌の増殖を抑えたグループを作りました。

正常なグループから生まれた子供に比べて、腸内細菌が少ないグループから生まれた子は生後4週で平均体重が約12%低く、夜行性にもかかわらず暗闇での活動が低下し、広い空間への不安から壁沿いを移動するなどの異常行動が見られる結果となりました。

生後7~8週でも低体重で発育に遅れが確認されています。

もうひとつの実験では、正常なグループから生まれた子を生後すぐに腸内細菌を減らしたグループに育てさせました。

こちらでも、生後4週で暗闇での活動低下など異常が確認されています。

それとは逆に、腸内細菌を減らしたグループの子を正常なグループに育てさせると、行動に異常は見られませんでした。

このことから、出生前には身体の発育に影響があり、出生後には脳の発達に何らかの影響があると考えられます。

スポンサーリンク

▶︎発達障害の二次障害とは?よくある問題事例と治療や対応について !

母親の腸内細菌の少なさが子供の発達障害の原因か?

とはいえ、この実験結果から母親の腸内細菌のバランスの悪さが、子供の発達障害の原因になるとは言い切れません。

発達障害の原因には様々なものがあり、母親の腸内細菌の少なさやバランスの悪さはリスクのひとつでしかありません。

母親の健康面から考えても、腸内細菌を増やしバランスを取ることはとても大切なことですが、そうしなかったからといって必ずしも子供が発達障害になるというわけではありません。

研究はまだ発展途上の段階にあり、脳の発達に腸内細菌が影響を与えるメカニズムはまだ解明されていません。

ですから、子供の発達障害について母親だけを責めるのは、あまりも無知な態度といえるでしょう。

これから研究が進めば、発達障害の予防や改善につながります。研究の今後の進展が待たれます。

▶︎発達障害グレーゾーンの特徴とは?対応はどうすればよいのか?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ