授乳中にアルコールを摂取すると発達障害になりやすいって本当?

スポンサーリンク

妊娠中にお酒を飲んだり、タバコを吸うのは、厳禁。禁酒禁煙で迎えた出産。

無事に出産を済ませ、ほっとすると同時に、育児のストレスから、せめてお酒だけでも、飲みたいというママは、稀ではないようです。

また、ママ自身は、アルコールを摂取するつもりはなくても、お酒好きのパートナーから勧められて、ついつい飲んでしまうというケースもあるようです。

授乳中にアルコールを摂取すると、赤ちゃんにどのような影響があるのでしょうか?

adhd

母乳には血液中のアルコール濃度の90~95%が検出される

アルコールを摂取すると、血液中のアルコール濃度が上がります。

血液から作られるのが、母乳です。

ママが飲酒すると、その30分後くらいから、母乳の中にアルコールが検出されます。

飲酒後、1時間で、血液中のアルコール濃度は、ピークに達します。

飲酒1時間後にママの母乳に含まれるアルコールの濃度を調べると、血液中のアルコール濃度の90~95%が検出されます。

さらに30~60分かけて、血液中のアルコール濃度は、半減します。

ただし、アルコールを分解できる速度には個人差が大きいうえ、出産後は、一体にお酒に弱くなる女性が多いため、授乳中は、飲酒後、どのくらい経つと、母乳への影響がなくなるかは、はっきりとしたことが言えないとされています。

飲酒量についても、授乳中に赤ちゃんに大きな影響が出ないとされる目安は、欧米でビール250㎖ほどとされています。

日本人は、欧米人より体格が小柄なため、この基準をそのまま適用するのは、不安があるとされています。

血液中のアルコール濃度にして、0.06%以下ならば、赤ちゃんに大きな影響は与えないと言われることがあります。

0.06%以下というと、体重50kgの人なら、ビール500cc程度を飲んだ状態です。

ただし、飲酒後の母乳は、丸一日は、搾乳して破棄するのが、無難と言われています。

スポンサーリンク

→発達障害の疑い?2歳半〜3歳児に特徴はあるのか?

活性酸素が脳細胞を破壊する

授乳中のママがアルコールを摂取すると、母乳には高濃度のアルコールが含まれます。

飲酒後の母乳を飲んだ赤ちゃんは、母乳を通してアルコールを摂取することになります。

アルコールは、肝臓で分解されますが、赤ちゃんは肝臓の働きが未熟です。

アルコールをうまく分解できません。

飲酒後の母乳を飲んだ赤ちゃんは、体内にアルコールが残ってしまいます。

母乳を通して体内に入ったアルコールによって、赤ちゃんの発達が阻害される可能性があります。

低体重や低身長といった、身体面への悪影響に加え、懸念されているのが、脳への悪影響です。

通常、脳は、脳の栄養源であるブドウ糖しか取り込みません。

しかし、例外があります。

例外の1つが、アルコールです。

体内にアルコールを取り込むと、活性酸素が大量に発生します。

活性酸素は,脳の神経細胞を破壊するとされています。

脳の神経細胞が破壊されることにより、発達障害を引き起こす可能性が高まるとされています。

発達障害の中でも、ママの飲酒による影響を受けやすいとされているのが、学習障害とADHDです。

脳がアルコールの影響を受けると、脳は萎縮して、多動が出たり、記憶に問題が生じる可能性が高まると言われています。

また、赤ちゃんの自閉的な傾向を助長するとも言われています。

ただし、発達障害の検査は、妊娠中にはできません。

生後1歳半の検査まで、赤ちゃんの脳の機能については,検査が行えないのが、実情です。

そのため、妊娠中の問題なのか、授乳中の問題なのかを、明確に区別して検討することができません。

また、活性酸素を大量に発生させるのは、アルコールだけではありません。

タバコは、より危険性が高いことが知られています。

妊娠中に受動喫煙したことがあった場合、そうした影響もあると考えられています。

→ADHDの子供の特徴!2歳・3歳児について


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ