子供のイライラや癇癪!それって発達障害かも?

スポンサーリンク

育てやすい、いい子だったのが、突然、扱いにくい子供に。

イヤイヤ期に、ママは振り回されます。

いったん、癇癪を起こすと、手がつけられない毎日。

「どの子もあること」と、過剰に心配せずに見守れば良いのか?「ちょっと、これは酷いのでは?」と、注意した方が良いのか?見分ける術は、あるのでしょうか?

adhd

癇癪は、自我が成長してきた証

癇癪は、子供が大きくなる過程で、経験する反応です。

「何々したい」という気持ちが、明瞭に自覚されるのが、自我の芽生えです。

はっきりとした要求が、満たされない状態への違和感が、癇癪を引き起こします。

思い通りに行かない不快感を、どう表現したら良いのか、幼い子供には、分かりません。

大人に、自分の気持ちを、言葉で訴えられないもどかしさが、癇癪という行動になります。

床にひっくり返る、喚く、物を投げる、物を壊すなど。

激しい行動は、不快感を、言葉で訴えられないことで、引き起こされます。

→落ち着きがない子供の原因は病気?発達障害の可能性?

 

言葉で表現できるようになると、癇癪は収まっていく

癇癪は、自我が芽生え、自分の気持ちを言葉でうまく表現できない、成長段階の一時期に見られます。

早い子供で、1歳になる頃から。多くは、2歳くらいになると、癇癪が見られるようになります。

収まってくるのは、5歳くらい。

幼稚園の年長さんになる頃には、癇癪は徐々に収まります。

5歳くらいになると、子供は、自分の気持ちを、かなり言葉で表現できるようになります。

言葉の発達につれて、癇癪は、収まるのが普通です。

スポンサーリンク

→子供がアスペルガー症候群と診断!その時親はどう対応すべきか?

 

こんな場合は、発達障害の疑いがある⁉︎

5歳を過ぎても、癇癪が酷い場合、発達障害の疑いが生じます。

癇癪が1回につき、15分以上続く、1日に何回も癇癪を起こすという場合、発達障害が疑われます。

癇癪の時間や頻度だけでなく、癇癪を起こす原因にも、注意を払いましょう。

「変化や変更」が原因で、癇癪を起こすことが多い場合は、注意が必要です。

発達障害は、目立った言葉の遅れは、ありません。

語彙数は、比較的豊富です。

しかし、コミュニケーションの道具として、言葉を使えていない傾向があります。

自分の気持ちを訴えられないもどかしさを、発達障害の子供は、常に抱えています。

発達障害の子供は、変化や変更を、すんなり受け止められないのが、特徴です。

いつもと違うことへの不安が大きいのが、発達障害の子供です。

その不安を言葉でうまく表現できないため、発達障害の子供は、変化や変更が生じた時、小学校に上がっても、激しい癇癪を、たびたび起こします。

→思春期のアスペルガー症候群の特徴は?子供の成長で知っておきたいポイントは?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ