子どもの発達障害と情緒障害の原因・症状や対応!大人との違いは?

発達障害と情緒障害の原因

発達障害は肉体的・精神的に何らかの不全を抱える慢性的な症状のグループを指します。たとえば、ダウン症候群、知的障害などが当てはまります。発達障害には様々な種類が含まれるため、一概に「これが原因である」と言いきれません。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症候群などは染色体の異常であることがわかっていますが、このように遺伝子の影響が大きいものもあれば、まったく関係ないものもあります。

また、遺伝子の影響を受けつつ、ほかの要因がかかわってくるものもあります。

一方、情緒障害は感情の現れ方が一般的な基準とはずれていたり、ほかの大勢に比べて激しくなるなど自分でコントロールできないため、社会生活を送ることが困難になる状態のことです。

情緒障害の原因は二つあり、ひとつは上で述べた発達障害にも当てはまります。脳の一部が機能不全や障害を抱えて、感情の発露がうまくいかない場合です。

もう一つは心理的な要因が原因になって、感情のコントロールがうまくいかない場合があります。情緒障害の主な症状は、チック症、自分の毛を抜く、大声を上げる、暴力、かん黙、登校拒否などが挙げられます。

 

adhd

 

▶︎情緒障害の子供は高校進学は不可能?特別支援学級になるのか!

 

子どもの発達障害や情緒障害とどう向き合うか

多くの場合、子供の情緒障害は一過性のもので、ある程度時間が経てば落ち着くものだと考えられています。しかし、場合によっては何度も繰り返されたり、現れ方がひどいこともあり、学校生活や社会生活が困難になることがあります。

 

スポンサーリンク

 

情緒障害の原因が何であるかによって対応が変わってきます。情緒障害は発達障害とも深いかかわりがあるため、発達障害の一側面として情緒障害があらわれている場合は、それぞれの発達障害にふさわしい対応が求められます。

心理的な要因によって情緒障害があらわれている場合は、情緒障害児短期治療施設で心理療法を行うことができます。

最近では大人の発達障害が言われるようになりましたが、子どもの発達障害や情緒障害と違って、一見して分かりにくいという特徴があります。子どもの発達障害や情緒障害は、親や保育士によって「ほかの子とちょっと違う」と発見されることがほとんどです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ