注意欠陥多動性障害とは?診断基準について!

注意欠陥多動性障害を

診断するための基準として、

不注意と多動性、

衝動性があります。

 

いくつかの症状の基準があり、

それらの複数があてはまり、

なおかつ半年以上その症状が続く場合には

注意欠陥多動性障害の

可能性を疑われるようになります。

 

スポンサーリンク

 

ミスや注意

不注意に関しては、

たとえば、

さまざまな活動において

綿密に注意をしながら

作業をすることができなかったり、

不注意でミスを起こすことが多いことです。

 

一つのことに注意を

持続することが困難であったり、

話しかけられた時にも

話を聞いていないように見えることがあります。

 

 

苦悩するビジネスマン

 

指示をされたとしても

それに従うことができず、

義務をやり遂げることが

できないケースが多いです。

 

順序立てて何らかの課題や

活動を行うことが難しいです。

 

精神的な努力が

必要となるような事柄に

従事することが難しく、

いやいや行う様子が見られます。

 

外部から刺激を受けると

それによって注意を

そらされることがよくあります。

 

また、

毎日の日課を

忘れてしまうこともあります。

 

上記のような症状が複数見られて、

しかもその程度は

不適応であると判断されると

注意欠陥多動性障害の可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

多動性や衝動性について

 

多動性や衝動性に関しては、

椅子に座ったとしても

すぐにもじもじするようになり、

授業中には席を離れることが多いです。

 

余計な動きが多く、

走り回ったり、

高いところへ上りたがったりします。

 

静かに落ち着いて遊ぶことが難しく、

じっとすることができません。

 

しゃべりすぎてしまったり、

相手の質問が終わる前に

答えてしまうことがあります。

 

他人の邪魔をすることが多く、

つい干渉してしまうことが多いです。

 

このような症状が見られる場合にも

注意欠陥多動性障害を疑います。

 

どれか一つがあてはまったとしても、

必ずしも障害があるとは限りません。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ