多動性障害の接し方について!遺伝で起るのか?

もし自分の子供が

多動性障害にかかっているならば、

まずは正しい知識を

勉強することから始めましょう。

 

上手く接してあげないと、

子供に苦しい思いを

させてしまうことになります。

 

まず、

よく褒めてあげることが大切です。

 

スポンサーリンク

 

多動性障害の子供接し方

 

悪いことをしたのであれば

きちんと叱ることは大切ですが、

基本的には褒めてあげましょう。

 

そうすることによって、

子供は自尊心を持ち、

自信を高めることができます。

 

また、

何らかの才能を

発見してあげることは大切です。

 

たとえ多動性障害だったとしても、

自分の好きなことに

関しては集中できるケースが多いです。

 

子供の才能を上手く見つけてあげて、

それをサポートしましょう。

 

ベットで遊ぶ親子

 

多動性障害だと

なかなか順序立てた

行動を取れなくなります。

 

そんな時には

興味をもったものから行動させて、

そこから行動を促していきましょう。

 

ただし、

絶対に守らなければいけない

マナーに関しては厳しく教えてあげましょう。

 

たまに多動性障害は

自由にさせることが良いと

勘違いしている親がいますが、

それをすると子供の症状は悪化していき、

周りの人に迷惑をかけることになります。

 

スポンサーリンク

 

予定外の変化には対応が出来ない

 

予定外の変化に対応できないことが多いため、

常に予測可能な環境の中で

安全な生活を送らせてあげましょう。

 

また、

不意打ちをしたり、

びっくりさせるようなことを

してはいけません。

 

子供に対しては

自分の多動性や衝動性を

時には自覚させることも大切です。

 

どのような行動を

取りやすいのかを教えてあげましょう。

 

多動性障害に関しては

遺伝的な要因や環境要因など

色々な要素が関わっているとされています。

 

しかし、

今のところ何が

原因となっているのかは

完全に解明されていません。

 

未だに不明な部分が多いため、

医師も判断に困ることが多いです。

 

このような状況を親はきちんと理解しましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ