注意欠陥多動性障害の幼児の特徴!0・1・2・3歳児について!

注意欠陥多動性障害は

発達障害の一種であり、

乳幼児期に症状が現れることで

発覚するケースが多いです。

 

ただし、

注意欠陥多動性障害が

注目されるようになったのは

最近のことであり、

まだまだ分かっていないことが多いため、

偏見を持つことはいけません。

 

スポンサーリンク

 

注意欠陥多動性障害の症状について

 

一般的に

注意欠陥多動性障害の症状は

生後すぐに現れることがないです。

 

そのため、

0歳や1歳の段階では

症状を見分けることは難しいでしょう。

 

たとえば、

他の子供と違う行動を取っているからといって、

すぐに注意欠陥多動性障害であると

決めつけてはいけません。

 

元々、

子供には大きな個人差があるため、

そのことをきちんと理解するべきです。

 

男の子 兄弟

 

2歳や3歳頃になると

徐々に注意欠陥多動性障害の症状が出るようになり、

他の子供との違いが目立つようになります。

 

たとえば、

何度注意したとしてもいうことを

聞いてくれなかったり、

落ち着きのない子供がいます。

 

そのような子供は

注意欠陥多動性障害である

可能性があると考えましょう。

 

しかし、

元気があって、

好奇心が旺盛で、

活発に動く子供もいます。

 

そのような性格の子供は

むしろ健康的であり、

何に問題もないでしょう。

したがって、

親だけの判断で

注意欠陥多動性障害であると

決めつけることはやめてください。

 

スポンサーリンク

 

多動性と衝動性

 

基本的な症状としては、

注意力障害や多動性、

衝動性といったものがあります。

 

ただし、

乳児期に関しては

二つのタイプが存在しています。

 

一つはとてもおとなしくて

手のかからないタイプの子供です。

 

しかし、

本当におとなしい

性格の子供であることも多いため、

気をつけてください。

 

もう一つのタイプとしては、

刺激にとても敏感であり、

よく泣き出したり、

むずかったりする子供です。

 

どのような症状があるのかを理解して、

子供の様子を観察しましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ