情緒障害の子供は高校進学は不可能?特別支援学級になるのか!

文部科学省における就学基準においては、

情緒障害教育の対象を発達障害である自閉症等と

心因性の選択性かん黙等のある子どもとしています。

 

小学校、

中学校に在籍する発達障害である

自閉症等と選択性かん黙等のある子どもは、

通常の学級もしくは

特別支援学級および通級による

指導において教育を受けています。

 

スポンサーリンク

 

情緒障害の子供の中学校卒業後

情緒障害教育の目的は、

自閉症や心因性の

選択性かん黙などによる適応不全を改善することです。

 

そのため情緒障害教育では、

情緒の安定を図り、

円滑に集団に適応していくことなどが

できるようにすることを目標とします。

 

具体的な指導目標や指導内容は、

個々の児童生徒の状態やニーズに即して決められます。

 

基本的な生活習慣の確立を図ること、

適切に意思の交換を行うこと、

円滑な対人関係を築く方法を獲得すること、

目標を持って学習に取り組むこと、

不登校等による学習空白を埋める基礎的な学力を

身につけることなどが目標とされます。

 

実験をする中学生3人

 

情緒障害特別支援学級に在籍している児童生徒は、

障害も多様であり、

知的障害の程度も多様であると報告されています。

 

個別の指導計画は、

小学校では90.2%が作成されています。

 

しかし中学校では、

個別の指導計画を作成している割合は

39.7%とかなり低くなっています。

 

中学校になると、

小学校に比べて不登校の生徒が増えることも指摘されており、

指導計画の作成が難しい実態がうかがえます。

 

小学校で情緒障害特別支援学級に在籍していた児童の多くは、

中学校進学においても特別支援学級に進むとされています。

 

ただし中学校進学に際して

通常の学級に措置変更する児童も

5%前後いることが報告されています。

 

また通常の学級に措置変更はするものの

通級による指導を利用する児童も

2%前後いるとの調査結果もあります。

 

小学校における情緒障害教育によって

社会性の問題が軽減されたケースも想定されますが、

進学先の中学校に

情緒障害教育支援学級が設置されていないために

やむなく通常の学級に

措置変更したケースがあることも想定されます。

 

中学校での情緒障害教育支援学級数は、

小学校に設置されている数の半数以下との調査結果があります。

 

情緒障害教育では

関係機関の連携や情報の共有化がうたわれていますが、

実態が追いついていない様子がうかがわれます。

 

スポンサーリンク

 

高校への進学について

中学校を卒業した後の進路を決めるに当たっては、

一層の困難が伴います。

 

同じ自閉症スペクトラムであっても

知的障害を伴うか否かで指導内容は異なります。

 

不登校が見られるか否かによっても指導内容は異なります。

 

進路指導で担当教員は悩みます。

 

特別支援教育では、

専門家チームや巡回相談員等との

連携の必要性が指摘されていますが、

特別支援学級担任の相談への対応は

円滑になされているとは言いがたい状況のようです。

 

中学校情緒障害特別支援学校の

在籍生徒の60~70%は高等養護学校や

養護学校の高等部に進学しているとされます。

 

次いで全日制の高校ならびに

定時制・通信制の高校への進学が

20%前後いるとの調査結果もあります。

 

ただし多様な情緒障害教育の

対象生徒に対応する進路先は十分ではありません。

 

中学校卒業後、

受け皿となるサポート校が

見つからないまま就職したり施設に

通所・入所する子どももいます。

 

情緒障害教育を必要とする生徒を

対象にした高等教育の整備が求められます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ