広汎性発達障害5・6歳の特徴について!

小学校入学は大きな節目です。
保護者は入学後に我が子が困らないように
次第に身の周りのことを自分でさせるようになります。

スポンサーリンク

就学前後の広汎性発達障害の特徴

身の周りのことを任される割合が増えるにつれて、
忘れ物やなくし物が多くなる子供がいます。

 

パソコンを楽しむ姉妹

 

それだけで発達障害を疑うのはむろん早計です。

忘れ物トレーチングをしてあげることが大切です。

気の散りやすさや
ケアレスミスもまだまだ多い年齢なので、
不注意症状だけで
広汎性発達障害と判断するのは困難です。

就学前後の年頃で気になるのは対人関係の問題です。

もっと幼い頃には同年代の子供と一緒にいる時には
親か幼稚園や保育園の先生といった
大人の目があることが多いと言えます。

時には大人がコーディネートした相手と過ごします。

困ったことがあれば、
すぐに大人が対応してくれますし、
そもそも困らないように援助してもらえます。

しかし、
5~6歳になると、
大人の目が必ずしも届いている場合ばかりとは言えません。

友達との関わり方もより流動的で幅広くなります。

大人が介入しない時間を友達と過ごすことが増えるのが5~6歳です。

スポンサーリンク

ちょかい行動について

そうした状況でどのように友達と
関わったら良いのかが分からず、
トラブルになることもあります。

定型発達の子供では、
他の子との距離を縮めて親近感を持たせる
「ちょっかい行動」は2~4歳で現れますが、
広汎性発達障害児では
「ちょっかい行動」が出るのはかなり遅れます。

また、
「ちょっかい行動」が出ても、
後に遊びの提案が続きません。

ちょっかいを出された子は、
後に遊びの提案が無いとからかわれたと誤解しますので、
トラブルになりがちです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ