学習障害(LD)検査を行っている病院を探してみた!

全般的な知的発達に遅れは無いものの、

特定の能力に限って障害が認められる学習障害。

 

子供のうちに障害に気づいて

早期に支援を始めることが、

子供の能力を引き出すことにつながります。

 

スポンサーリンク

 

学習障害の検査

 

読む、書く、計算する、話す、聞くといった能力のうち、

特定の能力に著しい不得意さがあるようだと

家庭で気づいた時には、

小児神経専門医のいる病院を受診しましょう。

 

病院のベッド

 

ほとんどの小児科外来には

小児神経専門医がいますが、

不安ならば、児童相談所に問い合わせたり、

日本小児神経学会の

サイト(child-neuro-jp.org/visitor/sisetu2/sisetu.html)

確認すると良いでしょう。

 

小児神経専門医は全国に約1000名います。

 

日本小児神経学会のサイトには、

小児神経専門医のいる病院や

施設が県別に掲載されています。

 

たいていのところは予約制なので、

予め電話で予約しましょう。

 

スポンサーリンク

 

受診すると、

まず問診が行われ、

どのようなことに日常困っているかを確認します。

 

次いで知力検査が行われます。

WISCや田中ビネー知能検査がよく用いられます。

 

知力検査で学習障害の可能性が高いと判断されると、

続いてPRSという検査が行われます。

 

PRSは、

聴力からの理解力、

記憶力、

話し言葉における表現力、

さらには社会的行動の能力などを

1つずつ診断していくテストです。

 

学習障害の有無を確定診断するのに役立つとされています。

 

加えて、

子供にある課題を与えて

解決方法を見るK-ABCというテストや、

子供にあることを伝えて

それを別の人にどのように伝えるかを見る

ITPAというテストをする場合もあります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ