子供がアスペルガー症候群と診断!その時親はどう対応すべきか?

スポンサーリンク

私は37歳男性の会社員です。

私の息子(長男10歳)がまだ幼いころにアスペルガー症候群と診断されました。

私の妻が福祉施設で働いていた経験があり、息子の様子を見ていて、「少し怪しいな」と感じていました。

私も子ども達の発達障害などについては勉強していましたので、お互いに怪しいと思っていたので、病院で診察を受けることにしました。

その結果、アスペルガー症候群と診断されました。

adhd

自分の息子がアスペルガー症候群と判明して

苦労したことはたくさんあります。

まずは、なかなか人の感情を読み取ることができないことです。

友人とのトラブルになることもありました。

幼稚園児ぐらいだと自分を押し通そうとするのは当然かもしれませんが、相手のことを考えての発言などが難しいため、自分の気持ちをストレートにぶつけてしまいトラブルになることもありました。

次に苦労した点は、突然の計画の変更に対応しにくいということです。

朝起きてからどういうスケジュールで行動していくのかを本人なりに計画を立てているのですが、それが変更されたときに落ち着かなくなります。

不安になっているということが適切かもしれませんが、軽いパニックを起こすこともありました。

最後にこだわりが強いということです。

計画の点と同じかもしれませんが、なかなか自分のこだわりを解消することができないです。

小学校に入学してからは宿題が出されるのですが、帰ってきてから何時~何時まではおやつの時間、それから宿題をする、その後ご飯を食べてお風呂に入って寝ると自分の中で計画があります。

ある種のこだわりだと思いますが、それの変更ができません。

日常生活の中でどうしても変更しなければならないこともあると思いますが、それに応じることができなかったりしました。

スポンサーリンク

▶︎アスペルガー症候群の私!現在は学校を休学!幼少期から指で計算していた

息子のアスペルガー症候群を一つの個性として捉える

病院で受診していた先生からは、本人にアスペルガー症候群であることを伝えるように言われました。

知的なレベルに合わせて、「あなたはこういうところが苦手だからその時はこうしなさい」とか「自分の気持ちを伝えるときには、自分がそのことを言われたらどう思うのかを考えてから話をしなさい」とか、苦手なところを受け入れて考えるようにしていこうと話をしています。

最初はトラブルもありましたが、本人も少しずつ考えて行動できるようになってきているように思います。

私たち夫婦は、子どもの現状を受け入れるところから始めていきましたので、そのまま育てていくよりも改善しているように思います。

一つの個性であると考えて接していますし、子どももそう思っているようです。診断を受けてよかったと心から思っています。

▶︎義理の子供がアスペルガー症候群!私たち夫婦の接し方と症状の暖和


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ