演技性人格障害をチェック!原因や症状は?治療方法や対応について

演技性人格障害という言葉をご存知でしょうか?

男女別の発症率が圧倒的に女性が多く、女性にはちょっと気になる病気とも言えるでしょう。

はたして、演技性人格障害とはどういうものなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

演技性人格障害とは?

簡単に言ってしまうと代表的な症状としては虚言が多い人。

つまり、嘘をたくさんついてしまう人にあたります。

確かに1つや2つ、嘘をつく人はたくさんいます。

 

しかし、演技性人格障害の人は、嘘で人格を塗り固めてしまうという大変恐ろしい症状を表します。

そして演技性人格障害の方には、うつ病などの精神障害が有る方も多く、社交的で明るかったりする反面、突如として強い空虚感に襲われてしまったり、興奮しやすかったりという症状を抱えていたりします。

 

性的に関しては、誘惑的な行動を取りやすい傾向が有ります。

 

asp

 

発症する原因は?

主な原因として、幼少期になかなか自分を出せなかった性格や、母親からの愛情があまり受けられなかったなどの親子関係、遺伝的要素などが有ります。

 

また、身近な人の中に演技性の方が居ると、それをマネしてしまい、同じような人格を構築してしまうケースもあります。

 

▶︎演技性パーソナリティ障害の対応について!原因はなんなのか?

 

スポンサーリンク

 

治療法は?

改善方法としては、嘘で塗り固めた自分を振り返り、人からの注目に対して貪欲にならずに、自分本来の人格を見つめ直すことが大事になっていきます。

嘘で人に認められるのではなく、本当の自分をさらけ出して人に理解してもらうことを意識することが大事です。

精神的なものになりますので、うつ病と同様の薬物治療も治療方法の1つとして有ります。

治療には長いスパンが必要であったりします。

今までの自分を根本的に変える作業になりますから、決して簡単でもないかも知れませんが、嘘を必要としない本来の自分を出せるようになった時には、生まれ変わった気持ちになれるかもしれません。

嘘で塗り固めた人間関係ではなく、深い人間関係も築くことも出来るでしょう。

思い当たる方が居ましたら、治療を考えてみてはいかがでしょうか?本来の自分探しの旅へ向かう大事な治療です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ